メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2007/08/29

スキー用ゴーグルは。

夜のテレビタイム、

よく見ている台湾系のトーク番組。

 

男性の司会者が、ファッションにスキー用ゴーグルを

取り入れたがり屋さんで、昨夜も、またやってました。

 

スーツにスキーゴーグル。

 

 

 

けっこう定期的にゴーグルつけて登場するのですが、

残念ながらゴーグルファッションは未だ流行していない模様。

 

 

所さんがおでこにサングラスをつけるようなもんなのか?

中尾彬さんがネジネジマフラーするようなかんじなのか?

 

巷で大流行しないものの、なんとなくトレードマークとして

認知されてゆくスペシャルアイテム。

 

でも亜熱帯でスーツにゴーグルは合わないよなぁ・・・

すごく不自然に感じるのは、自分が雪国で育ったゆえに

スキーゴーグルに対する固定観念ができちゃってるからなのか。

雪なんか見たことね。っていう人たちの柔軟な発想から飛び出した

おしゃれ感覚に私がついてゆけないだけなのか。

ひょっとしたらこれから時代はスキー用ゴーグル!なのだろうか。

でも・・・   

 

       変。ヘン 

 

などとテレビを見ながらとりとめもないことを考えつつ、

扇風機にへばりつき、キンキンに冷やしたコーラを片手に

広州の暑い夜は更けてゆくのでありました。

 

5 コメント
コメント一覧
  • 1

    すごいな、台湾人。
    どうしてもおしゃれには見えないのは、偏見でしょうか。

    でも日本のテレビ界も、外国から見たらワンダーランドだよね。
    たまにオージーたちから「日本のテレビは人をいじめておもしろいのか?」というまじめな質問を受けることがあり、返答に困る私。

    by: なおこっぺ, on 2007/08/30
  • 2

    すごいね、スキーのゴーグルはないわ…。
    でも、おしゃれって時々思うけど、思い切りが大事だよね。

    毎日、おしゃれを忘れた主婦の方々と会っていると、
    スカートにレギンスを合わせたファッションも
    なんだか気恥ずかしくなってくるのはあたしだけでしょうか??

    by: かおぽん, on 2007/08/30
  • 3

    >なおこっぺ
    確かに、そのオージークエスチョンには回答に窮する。
    テレビで笑いのツボはお国柄がでるよねぇ。
    国境を越えて大笑いできるものも沢山あるんだけど、
    中国で<オンドリが卵を産んだ>で繰り広げられた
    数十分のコントにはついていけなかったわ。

    >かおぽん
    レギンスという単語がなかなか覚えられなくて
    スパッツと言っているのはあたしだけでしょうか??

    by: 三浦優美子, on 2007/08/31
  • 4

    デビュー当時のケミストリー川畑がサングラスを耳から下げてたのを思い出したよ。

    欧米には、「欧米か!」の文化はないんだもんね。
    ボケとツッコミ。

    一昨日会ったイタリア人の知り合いが「ドンダケ~」って連呼してて
    「ドンダケって何?」と聞かれ、回答に窮しました。

    by: なっちんこ, on 2007/08/31
  • 5

    >なっちんこ
    耳サングラス、今となってはアイタタターだけど、
    そんなこと言いはじめたら
    ネジネジおさげとツギハギショートパンツとか、
    片方だけ外まきパーマと縄縛りストーンペンダントと
    真紅の極太ベルトとか、
    自分たちのもっとイタすぎる過去も思いだされる。

    イタリア人のドンダケーって、すてき。
    やすんとこのアイルランドさんにも、是非。

    by: 三浦優美子, on 2007/09/01
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: