メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧


おぬし・・・
プーさんの仲間ではないなっ!
みたいな、自由闊達なコラボが行われております、中国。
コピー品の取り締まりも大変だけど、
勝手なコラボレーションまで取り締まってたら
きりのない闘いになっちゃうこと必至。
そういえば、ルイヴィトンキティちゃん、という
奇跡のコラボも前に露店で売っていたなぁ・・・。
買っておけばよかった。レアモノ。
続きを読む…
昨夜はオリンピック開会式を見てウルウル涙ぐみ、
今日の午前中は女子重量挙げ48kg級決勝で
本泣きしました。
あと15日続くオリンピック。
とりあえず、泣き疲れないよう気をつけたいと思います。
   * * *
昨日の開会式。
開会式のクライマックス、ロープで吊りあげられ
スタジアム上空をかけまわり聖火をともした人物
この人、中国では超が10000個ぐらいつく有名人。
ニックネームは<体操王子>。
ハンカチ王子やハニカミ王子なんかが生まれる前に、
すでに<王子>の称号を与えられていた男・・・。
彼の本名は「李寧(リ・ニン)」。
80年代に体操で大活躍した金メダリストで、
そのこ 続きを読む…
2008/08/08

臭い豚の足

「臭猪脚(チョウズゥジャオ:臭い豚の足)」は、
「臭豆腐(チョウドウフ:発酵した豆腐)」と豚足で
作る料理。湖南省の名物らしいです。
しかし。
「臭猪脚」には、もう一つの意味が。
中国サッカーチームにつけられたあだ名です。
ひどくない?とは思いますが、思わず笑っちゃいます。
言葉遊びが大好きな中国人のセンスに拍手。
中国のサポーターは熱烈にサッカーを愛し、
中国チームの試合を熱狂的に応援するるも、
結果はいつも涙。
というわけで、んもう<臭い豚の足>呼ばわりです。
昨夜はオリンピックC組の試合(中国vsニュージー)がありました。
なかなかゴールが決まらない中国のドタバタぶりに、
「き 続きを読む…
2008/08/07

北京の宿

明日からいよいよ開幕です、北京オリンピック!
とはいえ、ここは広州。
残念ながら北京の「鳥巣(ニャオチャオ:鳥の巣型のスタジアム)」
に行けない私は、テレビの前に座って、
いえ、正確には寝そべって、でしょうけど
開会式を楽しみたいと思います。
   * * *
北京へ行くなら、もう一度泊まりたい宿。
それは豪華で快適な5つ星ホテルには及びませんが、
アタシ北京へ来たんだわっ!と実感できる宿です。
「侶松園賓館(ルゥソンユゥェン ビングゥァン)」。
「胡同(フゥトン:北京の古い町並み)」の中にあります。
「四合院(スゥヘァユェン)」という、中庭をかこんで4棟の建物が建つ
北京の伝 続きを読む…
私が北京をとっても好きな理由のひとつは、
「胡同(フゥトン)」の雰囲気にあります。
北京の下町、とでも言いましょうか。
昔のままの石造りの建物がびっしりと
迷路のように入り組んでいます。
ノスタルジックな古き良き北京。
カフェに座ると、時間が止まっているような錯覚に。
塀の外に洗濯物。
その横を自転車で通り過ぎてゆく乙女な婦警さん。
「車両通行禁止」とかは、ぜんっぜん無視で。
早朝からつくりたての小龍包や豆乳を売る店も。
こういうのが、とんでもなく美味しい!!
たくさんの外国人がこの雰囲気にホレ込んで
すっかり住み着いてしまうのも、分かる気がします。
北京オリ 続きを読む…
8月がはじまりましたね。
北京オリンピックまであと1週間。
2008年8月8日8時に開幕するという、
8好きな中国らしいコダワリも、おちゃめです。
さて、このブログでも北京オリンピック開催を(勝手に)記念して、
8月は北京のお話を。
実は私、広州に住んでいますが北京がかなり好きです。
中国っぽ~い良さが随所に見られて、すごく楽しいのです。
   * * *
先日の新聞記事。
<オリンピック中は天安門広場でもセキュリティチェック実施か>
なんて書かれていましたが。
どんだけぇぇぇー、です。
ほんとにやるの?
だって、めちゃくちゃ人いるし。
めちゃくちゃ広いし。
           続きを読む…
商売の町・広州には、あちらこちらに問屋街があります。
普通のお店で買うよりもずっと安い卸売価格で買い物ができるので、
いつもにぎわっています。
ちなみに、無数の人とモノが忙しく行き交う問屋街では、
下を向いてフラフラ歩いているとキケンです。
予想外の場所でダンボールの壁に激突する可能性もあるので注意。
先日は、お茶の問屋街に行ってきました。
色々なお茶を試飲させてもらいながら、
お店の人からお茶情報を聞く・・・。
写真右端の丸々と美味しそうな豚足腕はボス。
もう膀胱も限界ですっ・・・というところまでお茶を堪能し、
たっぷりお買い物もして、おまけのお茶ひと包みまで頂き、
大満足でオフ 続きを読む…
みんなで鍋を囲んだ後に、ご飯を入れて雑炊で〆る・・・
あの雑炊の味が3分で出来ちゃいました。
使ったのは、こちら
商品名は、「濃湯宝(ノンタンバオ)」。
もともとは、「湯(タン=スープ)」の素です。
トリを煮込んだスープを濃縮してペースト状にしたもので、
お湯に溶いて野菜を入れれば、簡単に濃厚なトリスープができる、
というもの。
これを鍋に溶いて、ご飯を入れてちょっと煮込んでみると、
<鍋の後の雑炊の味>になってるじゃありませんか。
・・・あ、ちょっと中華風味?ですが。
仕上げに溶き卵とネギの小口切りを放てば、パーフェクト。
続きを読む…
ええ、いらっしゃいました。
祝・広州にもイケメンいたんだね~、の記念撮影。
注:犯罪者ではありません。
■役に立つナイト中国語講座:
酒吧(ジョウバー)  バー
帥(シュァイ)     かっこいい
帥哥(シュァイガー) イケメン
「你太帥了!(ニィ タイ シュァイ ラ!)」あなたかっこよすぎ!
■本気で役立つナイト中国語講座:
「洗手間在哪里?(シィショウジェン ザイナァリ?)」トイレはどこですか?
続きを読む…
家のエレベーターで、お孫さんを連れたおばさんによく遭遇します。
密室状態で、おばさんと、赤ちゃんと、私。
シーン・・・
おばさんは突然、物言わぬ赤ちゃんの声優として発声。
「阿姨好。(アァイィ ハオ:おばちゃんこんにちわーって。)」
なので私も、だまりこくっている赤ちゃんにお返事。
「小朋友好。(シャオパンヤオ ハオ:こんにちわ。)」
でもおばちゃんじゃないですよーって。
未婚のおねえちゃんですよーって。
と思っているうちに、エレベーターの戸が開き
「拜拜(バイバイ:ばいばい)」
終始無言の赤ちゃんを媒介に、おばさん二人の会話終了。
このへんは、中国も日本も似てるかも。
   * 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415