メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

中国の深夜・・・
テレビでは画期的な新商品の広告オンパレード。
ある意味、ゴールデンタイムより見ごたえアリ。
   * * *
「私、昔のあだ名はぺったんこプリンセスだったんです・・・」
と、ブラウン管の中で涙ながらに語る中国人女性(現在は爆乳)。
その気持ち、アタシもすっごくわかるわ~・・・ シミジミ
と、日本のぺったんこ姫である私も思わず涙をそそられますが、
そんな涙も一気にふっとぶ、脅威のボイン養成マシーンが
紹介されるわけです。
その商品とは、
はっ・・・
面白れー!!
アメリカの最先端の科学技術を結集したというマシーン。
アメリカの博士も宣伝にかけつけてくれ 続きを読む…
ひとりっ子政策が続く中国。
出産前にお腹の中の赤ちゃんの性別を確認することは、
法律で禁止されています。
医療的な必要性が無い限り、胎児の性別を医師が
教えたり、それにより堕胎をすると刑罰が下されます。
しかし。
そんな法律はみんなこっそり無視してます、というデータが。
新聞によると、中国で2007年に生まれた赤ちゃんの男女比率は、
女児を100とすると男児が120.2。
普通は女児100:男児103~107なんだそうです。
記事によれば、高所得者層の多い都市部では男児比率が113.24、
低所得な農村部が多い江西省、安徽省では、
男児比率が139以上にまでゆがんでいるのだそうです。 続きを読む…
卓球は、中国語でも卓球・・・ではなく、
「ピンパン球(ピンパンチョウ)」。
ちなみに、
テニスは庭球じゃなくて、「網球(ワンチョウ)」。
サッカーは蹴球じゃなくて、「足球(ズゥチョウ)」。
 
   * * *
週末、広州で卓球の世界トーナメントをやっていたので
ヒマにまかせて見に行ってきました。
どれどれ、日本チームのメンバーは・・・あ、中国人がいる。
イタリアチームにも、中国人が。
ドイツにも中国人。
アメリカなんて監督以外は全員中国人。むしろ監督が浮いている。
中国人だらけ。
そう、中国には強い選手が多すぎて、
海外にどんどん出て行っちゃうのです。
世界トーナメントっていうか、 続きを読む…
昨夜、広州の夜空には赤い満月が浮かんでいました。
まわりは花火や爆竹がドカンドカンバンバンと賑やか。
昨日は旧暦の1月15日。
旧正月で最初の満月になる日で、中国では
「元宵節(ユゥェンシャオジエ)」と呼ばれる日です。
元宵節といえば、一家団欒で「湯円(タンユゥェン)」を食べる日。
「湯円」とは、もち米でつくったお団子です。
地方によっては中に餡(ごま、小豆、ピーナツなど)を入れたり、
餡なしでたれをつけて食べたり。
みんなで集まるという意味の「団円(トゥァンユゥェン)」と音が近い
「湯円(タンユゥェン)」を食べて、一家団欒するのだそうです。
さて、この湯円。
ご家庭で手作りされる 続きを読む…
太冷了(タイ ラン ラ)。 
寒すぎるっ。
1月の中旬から中国南部を覆っている大寒波は、
まだまだ居座り続けています。
レギンスは防寒用ももひきとしてズボンの下で大活躍。
手持ちのものでは足りなくなってきたので、
さらに買い足すことに。
で、さっそく。
しッグクォーマーをゲツト。
その昔『vow!』(なつかし)で、五木ひろしが五木ひろレ
になっている投稿を見て笑った記憶がよみがえる。
レとしは、見れば見るほどどっちでもいいような気になってくる。
素材はもちろん、
ナイロソ、ボリゥレタソ。ギャル語?
履き心地は、
温かくて、しぁぉかそたぬはひ~~~~~。
しかし土踏まず部 続きを読む…
じゃぁ、中国のお土産って一体何が良いのか。
難しい問題ですが。
値段も価値もそれなりに特別なお土産ならば
お酒、タバコ、絵、書、食器、玉・・・などなどきりがありませんが
ちゃんとしたところで買わないとニセモノだった、なんてことも。
ちなみに、中国ではお酒は手荷物で飛行機に持ち込めないので
預ける荷物に入れなくてはダメ。
しかし、セキュリティチェックを抜けると登場口付近のショップで
わんさか高額なお酒を売っていて、そこで買ったお酒は
手荷物として機内持ち込みOK。
・・・。
特別なお土産を買うチャンスがなくても、スーパーなどで気軽に
手に入るのが調味料類だと思います。
   * * *
続きを読む…
先日、インターネットで
<中国で買うお土産は何が良いか?> 
という記事を読みました。
   * * *
一番無難なのは中国茶
・・・たしかに。
でも日本の要領で入れると味と香りが全く出ないものもあるので、
渡すときに入れ方も説明するか、入れ方はテキトーでもそれなりに
美味しく飲めるお茶を選ぶ、という心遣いも必要?
   * * *
パンダチョコなどの洋菓子系は、やはり日本の方が美味しい。
お土産にする場合は相手を良く考えたほうがよさそうだ。
・・・ごもっとも。
でも<良く考えた>人選の結果、美味しくないパンダチョコを贈るって、
どうかな。人として。
ちなみに、中国の方へ日本からの 続きを読む…
最近、中国で連日みんなが注目しているニュースといえば・・・
中国産毒入りギョーザのニュース、ではなくて、天気予報。
1年を通して比較的温暖なはずの中国南部が、
50年ぶりという歴史的な大寒波に見舞われています。
雪と氷で鉄道、飛行機、高速道路はすべて閉鎖、
水と電気も止まり、中には携帯電話も不通になるという異常事態。
こ、こんなに脆かったのか・・・。
幸い、私の住む広州市内は水も電気も正常ですが、なにせ寒い。
地元広州人たちも、こんな寒さは体験したことが無い、とのこと。
セーターをこれでもかってくらい何枚も重ね着して、
フリース着て、ダウンジャケット着て、
フードも2枚重ねでかぶって、手 続きを読む…
カジュアルな文章では、
文末に笑っている表情をつけることがよくあります。
日本語だと
(笑) とか w 
英語だと
:) とか HA HA!
という感じで。
では、中国語圏ではそのあたりどう表現しているのか。
他の国々と同様、のような絵文字も大活躍しています。
が、中国はなんと言っても漢字!漢字!漢字!の文化。
漢字で様々な表情をつけます。
  「哈哈(ハハ)」
  あはは!という、明るい笑い。
  「嘿嘿(ヘヘ)」
  へっへっへ・・・と、ちょっとブラックな笑い。
こんな具合です。
   * * *
さて、ある方(男性)から受け取ったメールに、
「不客気、呵呵。(ブゥカチ 続きを読む…
2008/01/14

上海の鴨

出張で上海へ。
上海のバーに出没する鴨についての
マメ知識(?)を教わってきました。
ここで言う「鴨子(ヤァズ:ダック)」とは、
女性客を相手にするホストのこと。
ちなみに、男性客を相手にする女性については
「鶏(ジィ:チキン)」と言うんだそうです。
マメ知識:
普通の男性はテーブルの上にタバコを置くとき、
タバコの上にライターを置くが
バーに出没する鴨子さんたちは
<ライターの上にタバコを置く>ことによって
自分は鴨子ですよ・・・と暗黙のサインを送る。
その話を聞いたうちのボス。
さっそくライターの上にタバコを置いて、
「免費(ミェンフェイ:無料です)」ってシャツに書くわ!
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415