メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2008/08/25

呼吸する家のサンキホームさん

呼吸する家があるという。豊田にあるサンキホームさんを訪ねました。 

 

 

サンキホームさんの作った家を良く見ると、屋根に空気抜きがあるのが特徴だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋に入ると夏なのに、そんなに暑くない。不思議である。

 

部屋には下には通気口、上にもある。

 

 

 

その謎は表に出ると分かる。

 

基礎部分に通気口がある。

 

下から風が入り、部屋の壁と外壁の間が空洞になっていて、部屋の中の暑い空気とともに上昇させて、屋根から暖気を抜いているのである。

 

冬といえば、下の通気口が閉まって、暖気が保温されるという優れものなのだ。

 

この工法によって、光熱費が大幅に下がるのだという。

 

しかし、よく考えられている。

 

 

まさしく呼吸する家だ。

 

 

 

 

名古屋・豊田           60キロ

 

累積               103253キロ

月までの距離             38万キロ

 

 

 

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: