メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2005/07/09

ジミー大西とタラサ志摩

 三重県の伊勢志摩といえば牡蠣で有名ですね。今日はそこにあるホテル「タラサ志摩」に行ってきました。もちろん仕事です。タラソテラピーという海洋療法で有名なホテル。

 このタラサ志摩ですが、設立から14年あまり。紆余曲折あって経営者が変わりました。三年前まで慢性的な赤字でしたが、今の経営体制になってから黒字化に成功。その立役者が二宮支配人です。その苦労話を番組にしようと目論んでます。

 その二宮支配人のアイデアのひとつが週末に開かれる絵画のオークション。宿泊者だけの限定参加です。この絵画、クリスチャンラッセルなど名だたる作家たち。
 こんな仕掛けができるのも、タラサ志摩の経営母体はアールビバンという画商だからです。親会社と支配人との融合が生んだこの企画。売り上げの一部は「メイク・ア・ウィッシュ」難病の子供の夢をかなえるという団体に寄付されています。

 私が欲しかったのはジミー大西の作品。あの元お笑いタレントのジミー大西です。この色使いしびれます。しかしシルクスクリーンとはいえ定価は、うーーーーという価格。
 しかし、ここのオークションでは××からというびっくり価格。これって安く落としてヤフオクで転売したら・・・とふしだらなことを考えてしまいます。
 来週あたり泊まりに行って落札してみますか。という感じです。たまたま家に妻のお父さんとお母さんが来ていたので事情を話したら、ぜひ家に飾りたいとのこと。「うちにジミーがあるのよ」と自慢できるらしい。

 私がお気に入りなのはこの魚。ハッピーフィッシュというのだそうだ。やはり縁起物に引かれるのは社長業の業なのか。

 昼間はタラソテラピーで、夜のオークションでの極上の気分はいかがでしょうか。

1 コメント
コメント一覧
  • 1

    宮崎さん明日でしたね。忘れポイ私の予定管理宜しくお願いします。昼イチに待ってます。澤田

    by: , on 2005/07/10
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: