メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2010/06/26

カルフールで寿司ネタを調達

6月26日 

 

 

移動の最中、立ち寄ったのがこちらのカルフール。フランス最大手のスーパー

です。店内には・・・

 

 

なんと、日本の漫画本がおいてあります。

 

 

 

 

 

日本の漫画強し。

輸出産業して、十分成り立つのではないか、と思うのだけど。

車産業も大切だけど、お家芸としての「漫画」は立派な産業なのだと思う。

麻生が首相だったら、違った展開も考えられたか・・・。

 

当然、寿司もおいてあります。

 

 

さて、このカルフールの中で、生さかなを購入して、次の夕食で寿司を出したいと

試みているのが市村さんである。

 

 

肉の国なのであろう、鮮魚コーナーには、お約束の鮭と鱈、そしてマグロなど、

日本と比べると、数が少ない。

 

 

その中で生食できそうな素材を選ぶ。

 

 

メインは、やはりマグロだ。こうしたブロックで売られているので、たぶん、生食は

大丈夫なのではないかと。

 

 

ネタを調達後、シャトー・シャテラール到着。

 

 

オーナー夫妻が、私たちをもてなしてくださいました。

 

 

庭でパーティーをしているのだけど、こんな敷地があって、ワイナリーを所有して

いる暮らしは、ホントにうらやましい。

 

 

とか言っている最中に、寿司が登場。

 

 

久々の日本食に一同、沸き立ちました。

 

 

ドイツからホームステイに来ていた女子学生も合流し、一緒に、手巻き寿司を

味わいました。

 

 

〆に「萌え酒」のポスターなど、おみやげを手渡しました。

 

日本とフランスのワインツアー交流会は毎年、続いていて今年で8年目になるのです

 

 

アヴィニヨン → ランシー   200キロ

 

累積        26万3831キロ

 

月までの距離   38万キロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: