メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2011/08/09

生体エネルギー理論で育てられた「黄桃」を食べました。

8月8日

 

午前中からお客さんがつづいたこの日。

夕方に浜松でうち合わせがあるため、あわてて支度して出かけた。

なんとか、間に合いました。

 

最近、名神はかならず岡崎あたりでもたつくので、時間がかかる。

気を付けねば。

 

夜は、浜松駅前で金銀の野末社長と飲む。

浜松泊。

 

 

名古屋→浜松界隈  120キロ

 

 

8月9日

 

浜松の打ち合わせが無事終わり、名古屋に戻る。

 

とおるお客さんかせ番組の録画を依頼された。

早速、コピーをしてみようとした。

 

 

なんて複雑か。

 

ようは地デジのデジタル画像番組は、特定のDVDか、ブルーレイしかできないと言っているのだ。

 

しかも、DVDには10回までのコピーと制限が付けられている。

 

 

まぁ、著作権保護という観点から見れば正解なのであろう。

 

しかし、私たちが制作して局に納品したものに関しては、局の著作物なので、私たちには、あずかり知らぬことである。

 

何のための10回までのコピーなのか・・・。

地デジを初めて体感いたしました。

 

夜、子供たちと浜松の金銀さんで買ってきた「生体エネルギー理論」で育てられた「黄桃」を食べました。

 

 

これがめちゃめちゃ、旨い。これ以上の表現はない。旨い。

さすが「生体エルネギー」だ。

 

 

感動しました。

日本のフルーツの生産レベルは年々あがっていて、私は、世界で一番旨いと思う。

 

 

日本は工業製品から付加価値の高い農業へシフトした方が良いのではないか、と

思うのだ。

 

日本政府は無知だな。

米作らなかったら、お金上げるのだから。

これでは、日本の農業は滅亡の一途である。

 

 

浜松各所→名古屋   150キロ

 

 

累積        35万1610キロ

 

月までの距離    38万キロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: