メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2006/06/10

乾パンの時代は終わったのかも

 岐阜県は土岐市駄知町に行って参りました。弊社がお世話になっている千古乃岩酒造さんの杜氏、大蔵さんと打ち合わせのため。

 ホームページの打ち合わせであったのだが、後半は新しい商材で面白いものはないか、という話に。そこで出てきたのが、缶入りのパン。

 長期保存が出来るということで、防災品になるのではないか、などと思案。防災品といえば、乾パンを思い出します。あれ、おいしくないです。さて、この缶入りパンはどうか。
早速、試食してみました。

 これが、普通に旨い。防災品の域は出ていました。びっくり。これをオリジナルラベルにして売り出してみては、という話に。売れるかも。

 さらにオリジナル缶ジュースまで登場。デザインは自分で出来る上、中身もコーヒーとか、ウーロン茶とか、選べるそうです。おぉ、これを今年のうちのお中元にしよう、ヨロシコ君のデザイン缶にしようと思ったのですが、最低ロッドが600ケースからと聞き、躊躇。
1ケース30本の600ケース、値段よりもどこに置いておけばよいのか、断念。

 新しい商材の開発は大変です。

1 コメント
コメント一覧
  • 1

    髪技パワーの効果はいかがですか?
    新たな商品としたいのですが・・・。

    オリジナル缶ジュースですが、色々なメーカーに問合せしましたが、
    ほとんどの場合10万本からと言われました。
    600ケース(18000本)、お得な商品なのですが、誰もが躊躇しますねぇ〜

    by: 大蔵, on 2006/06/11
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: