メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

 結構、普及している。先日、名古屋中区上前津のうどん店「丸一」さんに行ったら、今まで気がつかなかったのだがハッピーセットが掛けられていた。
 ご主人に「ハッピーセットは買ったの?」「いや開店の時に知人にいただいたんだわ」「何か、良いことはあったの?」「宮崎さんが来てくれたじゃない、番組で撮影してくれてうちは良かったよ』とのこと。私はハッピーセットの申し子?
 先日、大阪でのこと。梅田のお好み焼き店に入ったら、なんと、そこにも油まみれのハッピーセット。ちなみに店は満席でした。
 先日、奈良の生駒市にある妻の実家が新築したので、引越しの手伝いに行ったら、なんと、そこにも小型の屏風型のハッピーセ 続きを読む…
 歯科特番は無事に放送完了。
私たちはその晩、取材先であるプラネットの方々と錦に繰り出した。
 行った先は、ご想像にお任せします。プラネットの小池社長の値切りが光っていました。
 当日は酔っていたため写真を取りまくって居ましたが、今見てみると、うーむ、という感じである。

 番組では名脇役を演じていた鵜飼さん。番組デビューを果たしたこともあって自慢のハイノートを生かした歌でノリノリ。ようやく家族に自分の仕事内容が伝わり、自慢の父となっていた。
 なにせクリスタルキングの大都会をキーをあげて歌えるのだからすごい。プラネット小池社長の長渕の熱唱を越えてました。

 北斗の拳の熱唱に 続きを読む…
 先日、感動する話を聞くために福岡の大宰府に行ってきました。
 結果、感動しました。会場では良い歳のおじさんたちが結構、泣いて居ました。なぜ泣けるのか、それは感動の伝道師、木下晴弘さんの話術とネタのうまさです。

 木下さんは学習塾の講師を長く務めてきました。トップ講師だったのですが、そのノウハウを人々に伝えたいと独立。
現在は教師を育てるコンサルタントとして活躍しています。
 子供たちを相手していて思ったこと。それは「感動は人を動かすこと」だったそうです。子供を誉め、ともに感動することで教師も子供も成長すると木下さんはいいます。
 教師と生徒、上司と部下、構造は同じです。ですから 続きを読む…
 4月29日、ゴールデンウィークの初日。常滑に行ってきました。
 常滑といえば、土管や急須、甕などで有名な焼き物の町。
私は結構好きな町で焼き物の小道などは絶好の散策路である。

 この常滑のかしま台という住宅地にモニュメントが完成。除幕式があるというので出かけたのだ。
 この白い巨大モニュメント。制作したのは常滑高校窯業科勤務の杉本準一郎。
 この先生はすごい。なにせ大学卒業以来、常滑高校だけに三十年勤務なのである。常滑高校は公立高校だ。なぜ転勤がないのか。忘れてないかな人事担当。
 杉本先生は、生徒ともに校庭に穴を掘って釜を作って焼き物を焼いたり、卒業生を集めてイベントを打つなど 続きを読む…
 UFJで商売繁盛というイベントがあって1500社が名古屋ドームに出展するという。メディアジャパンの担当者UFJ名古屋駅前支店の上木さんからお声をかけていただき出展を決意。

 会社での会議の結果「和風茶屋」というコンセプトで行くことに決定。和風ならのれんがいるだろう、茶菓子もいるよねと各自発注。
 茶菓子を食べていただきながらメディアジャパンのプロモーションビデオを見ていただくという完璧なコンセプトは説明会で崩れてた。
 
 「飲食は出展企業の販売物以外は禁止です。」
 張り切って出かけた光畑であったが、愕然として帰ってきた。実はオリジナル茶菓子を作るため、うちのヨロシコ君の焼きゴ 続きを読む…
 無事に放送完了。中京テレビ本多小百合キャスターにも
番組放送前の打ち合わせで昭和の義侠を試飲していただいた。感想は、放送内で言っていただいているのでここでは省略しよう。
 で、放送後にスタッフみんなで試飲。意外だったのは隠れ義侠ファンが多いこと。偶然だが、一宮の木全酒店から送ってもらっているというスタッフまでいたのだ。びっくり。

 ここで放送までのいきさつをプログで書いているので写真を撮りたいと申し出たところ。快く承諾してくださったので記念写真。まぁ、テレビ業界に身をおく特権でしょうか。
きれいな女性との写真はウキウキである。

 放送から二時間後に義侠社長から電話が。「内容に 続きを読む…
 久々に見るプロペラ機。ここは日本である、新潟空港。拉致事件騒動ではマスコミで賑わっていたであろうこの新潟空港も現在は至って普通。
 ただ国際線の登場口には白人の人だかり。ロシア人であった。さすが新潟である。
 メディアジャパンの取引先である夢ハウスさんに打ち合わせに行った帰りのできごと。なんと新潟→名古屋便がプロペラ機なのである。
 みーんな珍しいので、写真をとっていました。ただ一部、おびえていてた人も居ました。ジェット機が普通のこの時代にプロペラ機はね。わたしはジャマイカで10人乗りを経験しているので至って普通。
 フォッカー50という名機。客席数が50席から来た名前だという。ちなみ 続きを読む…
 愛知県一宮市にある木全酒店。私と同い年の息子が切り盛りしている酒屋である。
 ここに昭和の義侠が眠っている。早速、放送当日に飲む昭和の義侠を発注。電話した。
 「番組で昭和の義侠がいるのだわ」「あるよ」「いくら」「六十三年もので四万二千円」「了解」「差が分かるようにえにしもほしい」「だったら撮影していた減農薬の特別栽培米の40パーセントもいってみたら」「いいねー」
 ということで三本。楽しみだ。
続きを読む…
 オーパスは住宅メーカーでもあるのですが、社長らしくない澤田社長のように、住宅メーカーらしくないところがユニークなのだ。

 雑貨店みたいなショールームなのです。
これはおしゃれです。普通にカップルが入ってきて見ているというのも分かります。

 実はこの奥には大きい部屋があって、ピアノ教室など地域の人々に貸し出しているのだ。
 常にいろいろな人たちが出入りすることで、住宅が売れていくという。このつくりを見ていたらほしくなると思う。
 ちなみに天然無垢をふんだんに使った住宅は三十坪で1千万円だ。安い。

続きを読む…
2005/04/21

韓国のコネタ

 患者に合わせた治療を心がけているという李先生。
だから暖かい内装の病院なのだなぁ。
 ちなみに看護婦さんは白衣ではなく、ポロシャツのような
シャツでした。それは残念。
 さて韓国では医療系の企画で下調べをしていたのだけど、韓国の病院は進んでいるなぁ、と何度か関心させられた。
 

 なんと病院内にハンバーカーショップがあるのだ。患者が不味い病院食に我慢できずに食べに来るのか、と関心していたら例によって金社長が一言。
「見舞客が来るのですよ」だって。

 ソウルから仁川(いんちょん)市に移動。
そこの吉総合病院も驚いた。内装が斬新なのだ。
うちのメディアジャパンも内装は天然無垢の木 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108