メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

久しぶりに風来坊に行ってきました。
手羽先というと、今は、やまちゃんに勢いがある感があるのだけど、元祖はこちらの店である。
十人前くらいを注文すると、まるでふぐの刺身を注文したかのように、扇状に盛り付けられてくるので、結構楽しい。この日は、四人前だったので、普通盛り。
味付けは、少し甘い中にスパイスが効いている醤油味である。
やまちゃんのキャラクター戦略のためか、やまちゃんは比較的、若年層の客が多い。風来坊は、年齢層は若干高めである。
写真は弊社の浜田。
次回は、浜田をつれて、居酒屋「浜ちゃん」をリポートしよう。
山田ヤマダモンゴル、梅田大阪・梅田、浜田浜ちゃん。第三弾である。
続きを読む…
刈谷に営業に行った帰り道。営業がうまくいったので、お茶でも、ということで立ち寄った店でのひとコマ。この店は、フルーツやソフトクリームなどが自分でもれる手作りパフェが作れる店。ちなみに食べ放題である。
こちらは、私の作品である。実は学生時代、喫茶店でバイトをしていたので、パフェ制作は得意である。
ポイントは、高さである。喫茶店では、いかに少ない材料で、大きく見えるか、が問われた。
今回は材料は取り放題である。ただ、食べれは身につくので、趣味がダイエットの私としては、疑問である。
女子社員との楽しいひとコマでした。ちなみに料金は一人780円。テーブル全員 続きを読む…
国道沿いのセルフのガソリンスタンドに入った。
私の車はハイオク仕様なので、当然、ガソリンは割高である。ハイオク仕様ってホントに必要なのか、疑問である。
暫定税率廃止か、いなか、で揺れるガソリン業界。
話を聞いてみると、最近、ガソリンがあまり売れないようである。
細切れに少しづついれて、4月1日を待つ客や、入れないで待っている客が多いようなのである。これはおそらく個人ユーザーと思われる。
法人で車を使っているところは、そんな面倒なことはしない。
4月1日はどうなるのか、エイプリルフールだけに、すべてうそなんてことはないだろうけど。
名古屋市内各所  10 続きを読む…
ガソリンの暫定税率引き下げが問題となっている。
下げるというか、撤廃か。ということと、特定財源とするか、一般化するか、というのが議論されている内容と思う。
ちょっと議論の前に、解決しなくてはならない問題がある。
税金に消費税がかかるという二重取り問題である。
ガソリンの価格の半分は揮発油税である。その揮発油税に消費税がかけられた価格を私たちは支払っている。当然、暫定税にもかかっている。
ガソリンの暫定税金問題を議論するのなら、ガソリンをめぐるすべての税金の問題を洗い出していただきたい。
どうして、日本の政治は瑣末な話ばかりなのだろう。
何十年後の日本の姿から、逆算して今を語る政治家はい 続きを読む…
本屋のビジネス書コーナーにいくと、結構なボリュームで並べられているのが「営業のノウハウ」の本。世の中に困っている人が多い証拠である。
以前、私も「御社の営業がダメなワケ」を買って読んでみたけれど、要はダイエットと同じである。やり方はわかっているのだけど、出来ないことだらけである。
そんな中、営業のプロと弊社が組んで、新しい営業力と交渉力アップのためのDVDを制作して販売することとなった。
本で分からなかったことが、映像では分かるようになる。
映像の可能性の追求である。
さて、どんなDVDとなるのか。発売は五月である。詳細はここでリポートします。
名古屋五反田    365キロ
五反田 続きを読む…
サッポロで、山田を連れて「ヤマダモンゴル」に行ったシリーズの第二弾。
梅田と大阪の梅田である。
向かったのは、梅田スカイビル。空中露天庭園があるというビルである。これって、橋元知事のいらない対象になっていたかな・・・。
このビルで私塾界さん主催のセミナーが開かれ、私たちがDVDを制作して販売している長野雅弘校長の講演があったのである。私と梅田は、お客さんにDVDを売り込もうという目論見である。
さすがに現場で改革をしてきただけに、言葉に重みがある。参加した方々、皆さんメモを取るなど、結構、熱心に見入っていました。
続きを読む…
街の真ん中にこの標語である。
広島市民球場って、都心にあるのだけど、人の入りが悪い。名古屋と同じく、昔から一つの球団しかないのだから、もう少し盛り上がってほしいものだ。
広島名古屋   530キロ
累積         39.772キロ          
月までの距離   38万キロ
続きを読む…
銀座で人と待ち合わせしていた時のこと。伊東屋さんの裏口にいたのだが、店内の壁に版画がかかっていた。
何気に見ていると、どこかで見た版画が・・・・。ハッピーセットが売られていたのだ。
知らない人のために簡単に説明しよう。岐阜の美濃市の山根和紙の店で売られている版画である。開運グッズとして売られていて、「陰と陽」の2枚セットなので、誰がつけたのか、ハッピーセットという名前で売られている。
この写真は店員さんにお願いして撮らせていただいた。店員さんによると京都の問屋から仕入れているそうで、コンスタントに売れているのだそうだ。
当然、岐阜では「開運グッズ」として売られていることはご存知なかった 続きを読む…
先日、和食を食べたときのこと。
水槽がある店で、たまたま水槽の真横のテーブルに付きました。すると何か、違和感が・・・。
なぜか、タイが全部、こちらを見ているのだ。まるで、ドナドナである。タイに見られて、刺身なんか食べたりしていたので、ちょっと居心地が悪い。さらに、変な張り紙があった。
お魚さんがかわいそうなのは、私たちが食べちゃうことでは、ないか。
叩かれたくないのは、水槽が壊される可能性があるからで、店の都合である。
この張り紙は子供が見て、誤解を招く。
「水槽が壊れるので、叩かないでください」で十分だと思う。
「お魚さんがかわいそう」に、「一斉にお客を見ているタイたち」という取り合 続きを読む…
石原知事きが中小企業のために作った東京銀行の破綻問題。
議会で大糾弾されているニュースをみていて、、ふと考えた。
この糾弾はおかしくないか。
議員たちは、銀行業務について知っているのであろうか。
今の銀行は、バブル期の不良債権問題を乗り越えたことで、一定の学習をしたのである。それは、儲かっている会社しか、融資しないということである。
一方、石原知事の銀行設立の主旨は、資金繰りに困っている中小企業を救うことである。だったら、破綻して当たり前だ。儲かっていないところに貸したからである。
でも、設立の目的が救済なのだから、仕方ない。
経営陣たちの放漫経営などと言っているが、それ以前の問題であ 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108