メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2012/09/25

いじめはプラス思考で解決ではないか

 いじめからの自殺が問題になっている。
 国もやっと対策に乗り出した。
 その対策が、あまりにもお粗末だ。

 新たに学校内に相談専門員を置くという。

 親にも、担任にも相談できない孤立した子供が、
 日頃から接触のない専門員に相談するのか。
 はなはだ疑問である。

 専門員を置くことは、管理部門が発生する。
 その管理は文科省の管轄になるのであろう。
 よって、また天下り先が生まれたのである。

 またか。役人の考えることは毎回、同じだ。

 そもそも、どうしていじめが発生するのか。
 根本的な所を解決しないで、対処療法のみで
 解決するはずがないのである。

 今回の「不慮の事故扱い」事件で考えてみたい。

 事件が発生時、学内で会議が行われたであろう。
 本来、この会議の目的は事態の情報収集と対応をどうするか
 の会議のハズであった。

 しかし、話しているうちにだんだん、
 いじめの実体が明らかになる。
 今までの実情を把握できていない学校が悪い、となりそうだ
 という雲行きになった。

 いじめがあった実体を隠していた組織=ダメ組織。
 そこに勤務していた職員=マイナス査定=左遷。

 この構図が全員の頭に浮かんだ。
 そこで出た結論
 「遺族も世間体を考えると自殺と言われたくないであろう。
 お互いに事故という形で幕引き出来ないか」

 多くの職員が「いいね」ボタンを押してしまった。
 そんな流れではないか、と予測できる。

 私が思うに、問題は「いじめを忌み嫌っている」ことであり、
 「いじめを無くすことが目的」になって頑張っていることである。

 絶対、いじめはなくならない。人間の性だから。

 私からの提案。
 いじめを発見した職員が、プラスの評価を得る査定に変えるのだ。
 そこで起こった問題を分析して、全体化できたら、
 経験則として残る。

 そしたら皆で「競っていじめを探す」と思うのだ。
 結果、無くなるかもしれない。

 今回の専門員の予算は78億円。
 一番の問題は金で解決しようとしている大人である。
 ホントばかばかしい。
0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: