メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2012/12/15

内閣組閣は党ではなくキャスティングありきで

総選挙一色である。

しかし、どの党に投票したらよいのか、分からない有権者が

半数だという。

 

選挙を勝ち抜き、第一党を取った後

内閣を組閣する。

議会制民主主義の段取りである。

 

しかし、現実は、総理は早々失脚。

大臣はアホばかりで、話にならないのである。

みんな「投票する先がない」ということになった。

 

ここで提案。

 

いっそのこと、最初から大臣ありきというか、

人事ありきのキャスティングにしたらどうか、と思うのだ。

 

党ではなく人間ありき。

 

例えば外務大臣に安倍、防衛大臣に石破、など

この大臣にはこの人という形。

それぞれの強い部分

 

この原稿を書いている今は、15日土曜日。

まさに総選挙一色である。

しかし、どの党に投票したらよいのか、分からない有権者が

半数だという。

 

選挙を勝ち抜き、第一党を取った後

内閣を組閣する。

議会制民主主義の段取りである。

 

しかし、現実は、総理は早々失脚。

大臣はアホばかりで、話にならないのである。

みんな「投票する先がない」ということになった。

 

ここで提案。

 

いっそのこと、最初から大臣ありきというか、

人事ありきのキャスティングにしたらどうか、と思うのだ。

 

党ではなく人間ありき。

 

例えば外務大臣に安倍、防衛大臣に石破、など

この大臣にはこの人という形。

それぞれの強い部分

つまり、それぞれのプロに任せるのだ。

 

政権を取ってからキャスティングしているから、

人材難、不足が露呈するのである。

 

危険なのはテレビに良く出ている人が

選ばれやすいことかな?

それは今も同じだから、良しとしよう。

 

総理は石原で決まりでしょう。

あれ、ずいぶん鷹派の内閣だ。

 

それでまとまるか?

大切な事は、将来の日本像だ。

目的をはっきりさせること。

 

残念ながら消費税や原発など、

手段ばかりが議論されていて、

将来像がない。

 

目的が達成出来たら手段は構わないと

私は思う。

 

今の日本には、オールスターで目的を作り、

達成することが、大切な事ではないかな

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: