メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

 先日、島田紳助が芸能界を引退した。
 理由は「黒い交際」だという。

 テレビ番組の歴史は約60年。
 この間、秘境から都市まで、
 地球上の様々な場所で撮影は行われた。
 結果、地球上の表面は全て撮影されたと言ってもよいと思う。

 さらにテレビカメラは宇宙空間に飛び出し、
 月とか、火星とか、惑星を撮影した。

 そんなテレビカメラが
 まだ撮影していなかったモノがあった。
 「家の中」である。

 私たちが番組の企画を立てるとき、
 「身の回り3メートル内の話」で企画立案できるのが、
 制作者の能力と言われて、育てられた。
 そう、身の回りの話のほうが 続きを読む…
 東海地方に住んでいて、
 この問題に触れないわけにはいかないであろう。
 東海テレビの「お米セシウムさん事件」である。
 http://www.youtube.com/watch?v=djuhef_dIQ8
 結果、この番組は打ち切りとなった。
 さらに東海テレビの番組から降板する広告主が多数出た。

 どうして事件が起こったのか。私なりに考えてみたい。

 原発問題でも言われたのが「原発村の人たち」
 世間知らずで偏った人たちが集まっていることを、
 指しているのだと思う。

 では、なぜ、「村化」するのであろうか。
 それは営業努力をしなくてもつぶれないからであ 続きを読む…
 7月24日、東北の一部を除いて地デジ化された。
 すでに対応型テレビに交換していた人からすると、
 なんてことない日だったと思う。

 しかし、世の中は広い。
 この日、「テレビが観られなくなった」という苦情が
 約7万5千件あったというのだ。

 この数字を多いと見るか、少ないと見るか。

 この地デジ化。
 ここ2年あまり、執拗にテレビCMや番組告知で広報を行ってきた。
 地デジ化広報大使を勤めたのがジャニーズの草なぎ剛。

 全裸で酔っぱらって公園で騒ぎ、逮捕されたのは、
 2年前の2009年4月のこと。
 広報大使を、継続できるか、世間を騒がせたのも、
続きを読む…
 九州電力が「やらせメール事件」で揺れている。
 社長の辞任にまで及びそうだ。

 そもそも、慣れない事をするからこんなことになるのだ。
 「やらせ」は慣れている番組制作の関係者に任せないと
 いけない。(笑)

 番組を作っているプロでも「やらせ」は発覚するのだ。
 素人の電力会社の社員に、上手くできるはずがない。

 そもそも文章に残すこと自体が異常である。
 テレビの「やらせ」の現場でも、当然だが、
 台本にはその痕跡はない。

 私たちは協力者を求めるなど
 一連のこの行為を業界用語で「仕込み」と呼ぶ。
 「仕込み」が失敗すると「やらせ」という言葉となって 続きを読む…
 先日、高齢者ドライバーの運転ミスによる死亡事故が報道された。
 ブレーキを踏もうとして、間違ってアクセルを踏んでしまい、
 歩道を歩いている人を撥ねた。

 私の所属しているライオンズクラブの飲み会の席でも、
 この事件が話題になった。
 多くの人は「年齢制限を付けるつけるべきだ」
 「免許の更新を厳しくするべきだ」という。

 車がないと生活できない人など、
 高齢者と言われている人々にも、いろいろ事情がある。
 中には、身体能力が高い人もいるのだ。

 私は、この少数が起こした現象を全体化する考え方は
 大嫌いだ。

 振り込め詐欺も同じ。
 少数のだまさ 続きを読む…
 撮影のため、鳥取県米子市に来ています。
 駅前の某ホテルに泊まっています。
 ここは、お客の満足度が高いホテルを売りにしています。

 エレベーターの脇に「チェックアウトは10時、
 時間外に部屋に滞在する場合、フロントに申し出てください。」
 と書いてありました。

 明日、撮影隊が私を迎えに来てくれるのは、11時半。

 フロントの女性に、迎えの時間のことを告げ、
 部屋に滞在したい旨を言いました。
 連泊です。チェックアウトはしていません。

 「困ります。10時に部屋を出てください。 全館清掃なのです」
 と言う。
 清掃くらい気にならないから居 続きを読む…
 今から六年ほど前、
 私はアタック25に応募したことがある。

 きっかけは妻の一言。
 テレビで「新婚さんいらっしゃい」を見ていた所、
 「私、この番組に出たい」と言った。
 目当てはハワイ旅行である。

 おいおい勘弁してくれ。
 なぜ、番組でうちの恥を話さなくてはならないのだ。
 しかも、番組に番組制作者が出れると思うのか。

 その後、アタック25の放送時間となった。
 自慢ではないが、私は結構、回答できる方だ。
 「こっちの番組に出て、海外旅行を取って来て」と
 妻は言う。

 翌日、会社にて社員と作戦を練った。
 会社名が出る以上、恥はかけない。 続きを読む…
 今回は私の話。
 3月の半ばからダイエットを始めました。
 私の身体を、家族の次に心配している方から
 「けいさん、この体重では生命保険に入れません」
 この一言がきっかけとなった。

 その直後、大阪に打ち合わせに行った時、
 その会社では「スリムドカン」を扱っていた。
 これも何かの縁であろう、私は速攻で購入。
 ダイエットが開始となった。

 今日で、ほぼ二ヶ月が経過。
 165センチで83.5キロだった私。
 現在は、76キロとなった。
 約8キロの減量に成功。

 主な勝因は何か。
 運動をしなかったことと、
 食べる量を半分にしたことである。
続きを読む…
 皆、被災地に向けて「頑張ろう」と言う。
 言われる側の気持ちに立って考えてみたい。

 テレビに出て「頑張ろう」と言っているのは主に芸能人だ。
 芸能人はCDやコンサートの売り上げなど、
 一般の人々が働いて得たお金で食べている。

 一般の人々から見れば、芸能人は憧れの人である。
 そんな芸能人たちが、被災地で炊き出しなど
 ボランティア活動をしてくれるのは、うれしいことだ。
 一時でも、辛い避難所生活を忘れさせてくれると思う。

 芸能人側からすれば、日頃の感謝の気持ちを表したことであり、
 自分たちが出来ることを実行したのだ。
 こうした利害関係が一致した場合 続きを読む…
 最近、街角や広告紙面でも、
 被災者の方々におかれましては・・・という文言が並ぶ。
 そういう文言を冒頭に書いておかなければ、
 批判されるからということであろうか。

 みんなで被災者の気持ちを考えよう、
 被災者に何が出来るか考えることは、大切だと思う。
 それを文書の冒頭に毎回「被災者のみなさんに・・・」と
 書くことがイコールではないと思うのだ。

 それが会社に届く文書の
 「御社におかれましては、益々・・・」と
 同じような定型化したりしないかと心配だ。

 こうした繰り返しとすり込みが、
 自粛の嵐に繋がっている気がするのである。
 自粛の連続は、 続きを読む…
ページ一覧: 1234567