メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

たまごやさんの市村社長の紹介で、武勇さんへ。久しぶりの酒蔵訪問です。
日本全国で酒が作られている国、ニッポン。水が豊富で、いたるところで米が栽培されているという特殊な事情が、清酒を全国(九州と北海道の一部を除く)で作らせている所以である。
ここ数年で、アメリカやイタリア、フランスでワインの産地を回った。それで気が付いたことなのだけど、ワインはぶどうの産地でしか、作っていない。しかし、日本酒は「良質な水」さえあれば、極端にいえば、どこでも作れるという利点がある。
ぶどうの産地は観光地化が可能である。ぶどう狩りなど旬を楽しめるからだ。米の産地は、ある意味あたり 続きを読む…
たまに弊社に届く「**ローン」という案内。銀行とサラ金の中間の業者である。
今日は札幌の業者より、封書が届いた。(誤解なきよう。取り寄せたのではなく、勝手に届くのである) 開封して中をのぞいてみた。
いろいろなコースがある、とは言っても金額と返済の回数の組み合わせ。
500万円なら、金利は14%、3千万円なら、金利は7%だって・・・。金額が多くなると金利は安くなる、一瞬「お得」と思ってしまうから、不思議だ。
おいおい、500万円なら14%って、70万円が金利かよ。
利益率が抜群に高い商売をしているか、短期の繋ぎ資金以外、利用価値はない。
でも、こんなダイレクトメールを札幌から送りつけてく 続きを読む…

 どう解釈してよいのか、この看板。住民たちと揉めないように、ということであろうか。道路を駐車場代わりにしている人がいて、警察に垂れ込みがあったのであろうか・・・。不可解である
 予告があって捕まるのと、なしで捕まるのでは、不公平な気もするが・・・。
この日は久しぶりに会社内での仕事でした。移動は通勤のみ。
累積              27532キロ          
月までの距離        38万キロ
 
続きを読む…
サンフランシスのネタで一つ書き忘れていました。
アメリカ・グリーンティー事情です。
健康ブームもあってアメリカではグリーンティーが大人気です。
しかし、健康・ダイエットといいながら、ほとんどの市販されているグリーンティーのペットボトルには、砂糖が入っています。
「普通・砂糖入り」か「低・砂糖入り」という選択です。「砂糖なし」という選択はありません。というか、私は見かけませんでした。
オールナチュラル・グリーンティーでも、砂糖が15グラムいりです。15グラムですよ。ビックリです。
おそらく、コーラや各種ジュースはこの程度 続きを読む…
札幌からの帰り、何かお土産をと物色していたら、バルーンプリンなるものを発見。人気らしく、レジには行列が出来ていた。
なぜ?牧場主の写真が店内に張ってあった、あのタレントの田中義剛さんの店というか、牧場の製品であった。
並ぶのも面倒なので、一周してから戻ったらすぐ買えた。
プリンという名前とはうらはらに、白い。一つづつ風船の中に入っている。それを鋭角なもので突いて割って食べるのである。
そして添付されているカラメルをかけて、食する。カラメルがなくても、十分濃厚な味がしているので、旨い。白いけど、プリン味だ。
田中さんの商品は、テレビ通販番組でも大人気と聞いたのだが、なるほどと思う。
続きを読む…
札幌に来た目的は、札幌に本社をおく、アミノアップ化学さんの会社紹介ビデオの撮影のためである。
小砂社長より「見終わったら拍手が起こるやつを作ってくれ・・・」という、かなり厳しい注文を受けての撮影。こんな注文は業界に入って以来、初めての経験。
大雪原をバックにするトップのシーンの撮影のため、札幌の羊が丘展望台に上がった。そして、雪原にクレーンを設置するため、まずは雪かき開始。
「助監督時代を思い出すなぁ・・・」とはディレクターの田代さんである。
金沢生まれで少々雪に慣れている山田も手伝って、なんとか設置場所を確保。
そして、大雪原をバックに撮影する被写体は、本谷美加子さん。プロの 続きを読む…
サンフランシスコに続いて、北海道に飛びました。寒波が押し寄せていた札幌では日中マイナス10℃という寒さであった。
そんな寒さにもめげず、私は一路ニセコへ。目的は「寿しの握り方DVD」を売るためである。現在、ニセコにはオーストラリア人が大挙して押しかけているという。
そういえば、千歳空港でレンタカー借りたときに、いたなぁ。
カウンターでは、英語の案内もあった
札幌からニセコまでは距離にして100キロ程度であるが、山越えがあるのだ。
いくら四駆の車を借りたとはいえ名古屋育ちの私は、はっきり行って雪は不慣れである。
途中、何度かドリフトした。冷や汗かいた。帰ろうかと思ったのだが、ここまで来て 続きを読む…
サンフランシスコを飛び立つこと、12時間あまり。ようやく成田空港に到着しました。
アメリカでは、市場調査ということで、市販されているDVDを見て回りました。
これはヴァージンで発見した日本の映画DVD。随分、ジャケットの雰囲気が違います。やはりアメリカ向けに改訂されたのだと思われます。
そして遂に発見。日本で大人気となったビリーは、なんとダライラマのDVDの横に鎮座しておりました。すごいなぁ。それにしてもダライラマの版権っていくらなのだろう・・・。
弊社のDVDもヴァージンで売られるといいなぁ。と思いました。まぁ、夢ではないけどね。あと少しだ。
続きを読む…
アメリカのベンチャー企業に投資して、莫大な利益を得て、その後、個人投資家(エンジェル)として活躍している日本人と食事をしました。
シェフ・シューという中華料理店である。入り口に写真が展示されている。
さすが成功者が連れて行ってくれる店である。VIPが多く訪れているようだ。
料理は旨い。アメリカに来て以来、一番旨い。特に北京ダックは旨かった。
いったいいくらの料理なのだろう。招待で来ているとはいえ、気になるところ。
これは「フォーチューン・クッキー」という、サンフランシスコ生ま 続きを読む…
泊まっていたホテルから徒歩10分くらいのところに中華街があります。
どんな日本の商材が売られているか、調査にいきました。
私はミスタードーナツのCMで知ったサンフランシスコの中華街。アメリカからしてみると日本も韓国も、中国もアジアということで一緒なのである。
私たちだって、イギリス人とフランス人の区別はなかなか難しい。
さて、雑貨店やお土産店に入ると、結構日本のものが売られている。
折り紙が人気。私たちの「折り紙の折り方DVD」の方向性は間違っていなかった
あとは、こんな商品まで・・・・。
やはり、ギフトパックである。ほんとに売れているのか、こ 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108