メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

 弊社太田と東京・下高井戸にある変わったうどん店に行ってきました。太田はジャズドラマーなのであるが、そのうどん店はジャズ研の先輩が経営しているという。
 店内はジャズが流れ、テレビは競輪番組が放映されている。カウンターは競輪ファン、テーブル席は一般客なのだという。この店が受けなかったら止めてもよい、先輩渾身の店である。ここの店の戦略はすばらしい。私は「ルアー営業」と呼ばせていただきたい。観ていただきたい、表にある看板がこちら。
 よく見ていただくとわかるのだが、一見店が取材されているように見えるのだが、実は、載っていない。しかし、表に出していると、看板をみて、普通にお客が入って 続きを読む…
 アイシネンさんという断熱材を作っている会社に行ってきました。うちの太田の先輩が働いていたからということでのご紹介です。最近テレビCMでも「外断熱」という言葉がよく聞かれますね。
 アイシネンさんはカナダ生まれのメーカー、日本に上陸して8年という老舗です。寒いヨーロッパ生まれの断熱材とは、どんなものか。写真でご覧ください。
特殊な液体を混ぜ合わせ、かき混ぜます。
すると、突然膨張開始。
 なんと、瞬時に巨大なマッシュルーム状態に。
これを家の壁材の内側に吹き付けることで、膨張して気密性の高い断熱材となるらしい。さすがヨーロッパ、考えることが違う。
  続きを読む…
 ウェスティンナゴヤキャッスルで開催された東海四県日本酒祭りに、呼ばれて行ってきました。呼んでくださったのは、千古の岩酒造のお母さんと大蔵杜氏。毎年、お招きいただきまして、ありがとうございます。
 さて、肝心の日本酒の出来なのですが、正直全体的に「うーむ」という感じなのだ。招待していただいている、友人知人が作っている。しかし、ホントのことをいうのが大切だと思う。みんなで隠してごまかして、真実が見えないことが問題だ。
 なぜ、今年の日本酒はいまいちなのか。それはお前だけがそう思っている、と言われるかもしれない。しかし、私の主観ではないと思う、その証拠にテーブルに並べられた食事の無くなるのが 続きを読む…

 3月の末の土曜日は得仙のあんこうなべ。十年来の恒例行事となっています。
今年は主にお世話になった新聞記者の方々をお招きして、開催しました。
 予約が取れない謎の店、得仙のルールをご紹介しよう。部屋が二つしかありません。それぞれの部屋には幹事さんが設定されています。その幹事さんがごらんのような大人数を集めなくてはならないのです。
経営者になってからは集めるのに苦労しなくなりましたが、以前、勤めていたころには、人脈も豊富ではなかったので、かなり苦戦しました。
 食べ終わり、最後におかみさんから来年の日取りが伝えられて、自動的に更新されるという仕組み。ここで断らない限り、今の幹事さんだけ 続きを読む…
 神奈川の厚木にあるサンエキさんにやってきました。目の前にいらっしゃるのは山口社長ですが、ホントは女子社員さんに囲まれています。
前回は「社員の手でCMを作ろう」に参加してくださいました。皆様、ご協力していただきましてありがとうございました。今回は弊社でホームぺージを作ってくださるとのこと。プレゼンをしているのですが、更新など難しそうだとの声が・・・・。どうなるか。 続きを読む…
 今週は東京にいます。とあるタレントさんと会食するため横浜へいきました。
列車内で企画書を作成するために、グリーン車に乗車。新幹線ではありません。東海道や湘南新宿ラインにはグリーン車があるのです。グリーン車には、テーブルがあってパソコンで仕事が出来るようになっています。決して、楽したいから、とか、快適な空間を楽しみたいとか、そんなつまらない理由ではありません。
 あくまで、パソコンで企画書を作成するためです。私には自由になる時間が少ないのです。ついでにいいますと、タレントさんと会食というのも、今後の芸能界をどうするか、という野望について議論するというのでしょうか、あくまで仕事です。つらいことを 続きを読む…
 着物を作る職人。具体的にいうと生地に柄を書いて、染めて完成させる人です。
 中野幸一さん、京都在住の着物職人です。着物は分業制で作るのですが、作品として完成させたいと、中野さんは生地から染め上げまでひとりで作っています。
 作品として完成するとは、どういうことか。上記の着物をみていただきたい。
柄が左下しかない、とても地味な着物である。しかし、ここがポイント。
中野さんは着物を着たときの出来あがりから柄を考えているのだ。つまり着物は巻いて着るから、柄わ目立たせたいのなら、前に来ればよいのである。
 さらに、帯とか、帯止めとかをした時のトータルで着物の美しさが完成することをイ 続きを読む…
 私の元に一冊の本が届いた。
 作家、川辺徹。別の名はBUAというウェディング会社の社長である。五万円で挙式が出来るという画期的なシステムの構築に成功。テレビ東京「ガイアの夜明け」にも取材されたのだけど、さらに出版とは・・・。
http://www.chapel-blessusall.com/
 川辺さんはホントに熱くて、いいひとである。
以前、川辺さんの奥さんが出産するときのドキュメンタリーを企画したときのこと。
出産シーンを撮り損ねないようにと、うちのスタッフを交えてミーティングを行った。
結果、まず一番は川辺さんから一報が入ったとき、一番近くのスタッフが駆けつける。二番は川辺さん自身 続きを読む…
 弊社がお世話になっている、欧倫ホームさん主催のコンサートに行ってきました。
欧倫さんで家を建てたお客さんや、私たち業者などが招かれてのコンサート。欧倫さんは今年十周年なのだそうです。会場は満員。ちなみにCMに出演しているクリスグレンさんの姿もありました。
 演奏は中国琵琶の一級演奏家、徐(ホントはさんずいです)善祥さんと演奏家仲間の皆さん。カーネギーホールで演奏するほどの実力の持ち主。琵琶なのに、様々な音色を奏でるのはさすがの一言。巧い。一時間半、あっという間でした。
欧倫ホームの皆様、お招きいただきまして、ありがとうございました。
 さて、そこで見かけたのは、この謎の楽器。
 演 続きを読む…

 2月から東寺さんの撮影を開始して、ようやく完成しました。長編90分も特番。
しかもハイビジョン。
 東寺さんの敷地内に大型クレーンを持ち込んでの撮影。この日はホントに寒かった。クレーンに乗ったカメラマンはかなり大変だ。上のカメラマンと下のディレクターとトランシーバーで会話しながら、アングルを探すのだけど、簡単には決まらない。
何度も何度もテストしてアングルを探すのだ。
 私も下で、観ていたのだけど、一番驚いたのが、京都の近代的な町並みと寺院とのミスマッチであろうか。目抜き通りにはビルが並んでいる、しかし、ところどころには世界遺産としての寺院仏閣が存在しているのが、くっきり写っていること 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108