メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2006/09/22

クーデター

「親子の数十年ぶりの再会」などというコーナーを7年ほども
やっていると、日本中旅をすることになる。
「いつも美味しいもの食べることができてうらやましい」などと
言われるが、そんなことばかりではないのが現実だ。

ボクは何故だか、ものを食べるとすぐにウ○コをしたくなる。
「食う・出たぁ」体質なのだ。

それがそこそこの街並みがあるところなら、スーパーやガソリンスタンド、コンビニなどで用をたすことができる。

ところがだ。

なにもない田舎の住宅地など、本当にヤバイ経験が山ほどある。

こんな髭のはえた怪しい男が、突然「ト・ト・トイレ貸してください」などと玄関にいようものなら、警察沙汰にならない方が不思議なくらいだ。

30年ぶりの母親に会いたいなどということで、とある(どこだったか・・・)田舎町の住宅街で母親の帰りを待っていたところ
強烈にモヨオシテきた。

涙を流さんばかりに、近所の小学校へかけこんだ。

職員室の窓口で、「トイレをぉぉ〜」と話したら、「校庭にあるトイレを使ってください」「おおっしゃ」と、グランドで遊んでいる子供たちを蹴飛ばしながらカキ分けて、トイレのドアを開けた。
「やったぁ、ウ○コできる」という安堵感が肛門を襲った。

ところが悲劇が待っていた。

そのトイレは小さな子供用で、個室自体の壁がとんでもなく低いのである。ボクの肩の高さくらいしかないから、上から覗けるのだ。しかも、ヨリによってポッチャン式の便器がやたらと小さいのだ。

一瞬ひるんだが、さっきの安堵感が「いいからやっちまいな」とボクを後押しするではないか・・・。

ボクのウ○コ人生の中で、相当悲惨な思い出になったことは間違いない!

パン欲しさに並ぶホームレスたち。
こいつらどこでウ○コするんだろう。


1 コメント
コメント一覧
  • 1

    早速おじゃま〜。
    このHNあまりにベタ過ぎた?
    いいのがあったら教えてね。
    さっきはありがとう。
    まだ起きてるよん。
    来月になったら市ケ谷に美味しいラーメン食べにいこ!
    そこにはトイレが計四個あるからご心配なく〜(^o^;

    by: アルファちゃん, on 2006/09/23
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: