メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2007/02/27

バースデイライブ最終日

 

 

 むらなが吟バースデイライブ最終日はオルガン伊藤せーいちさん・ベース魚谷のぶまささん・ドラム東敏行さんが登場です。
最終日を飾る、素晴らしいライブでした。「やっぱりレコーディングしているのを忘れていたでしょう・・・」メンバーもお客様も存分に弾けてくださいました。

 2年ぶりに参加していただいた東さんのブラシでのストロークは優しくて温かく、加えて大人のJAZZテイストがムンムン。ウッドベースでの魚谷さんは、そこにいるだけでも存在感で威圧し、テクニックもビジュアルも申し分なく、悪ふざけする姿も女性の心をわしづかみにしていました。ジャズアレンジの「早春賦」のドラム&ベースSOLO回しでは、息ぴったりで鳥肌の立つ演奏。伊藤さんのオルガンも、ピアノ・ストリングス・ブラスの音源満載で雰囲気やノリを素敵につくりだしてくださいました。まさに「かゆい所に手が届く」ライブでした。

これから、4日間レコーディングしたライブの角を揃え、厳選した上で「吟生」CDを作ります。本日、本人に確認したところ、結構曲数を入れれそうとのことです。楽しみにしていてください。挿入曲は3月5日までに(日記やBBSで)発表致します。

 ライブにお越し頂いた方に聞かれたのは「吟ちゃん、変わった!」との声でした。声質や「歌」も以前とは随分変わったと。タバコをやめたせいか、酒を控えたか、ただの偶然かはわかりませんが、1日20曲あまりを3日連続歌っても「余裕やでぇ~」と言っている姿は初めてでした。痛々しいダミ声のイメージは無くなり、美しく(?)伝わるダミ声がでるようになったようです。進化しています。コノお方。
 50歳ライブ、4日間、本当に多くの方に足を運んでいただき、また、お祝いを頂戴し、ありがとうございました。むらなが吟誕生から半世紀。。。皆様に愛され、こうして今も歌っていけるのだと本人共々、感謝と感激しております。むらなが吟としては、まだまだ歌っている使命を果たしていないようなので、歌い続けてほしいと思います。次のバースデイライブは50年後とのことです。それまで皆様お付き合いくださいね・・・(その頃には「私だって80歳近くになってますよ!!」)
と言いながらも、いつまでも歌い続けてほしいアーティストだと思っています。

吟マネでした。。。。
明日からは本人に書いてもらいます。ではでは。

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: