メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2010/04/17

教育課程特例校指定 開講記念講演   ~ 坂東眞理子先生 ~ 

 

 

坂東眞理子先生来校。

記念講演会。

 

 

 

取手駅から開始まで。

終了後、お帰りになられるまで。

女子教育について語り合いました。

 

 

 

講演内容・語り合いからわかったこと。

目指す頂上は同じ。

 

 

 

総勢900名近く。

大満足の講演会。

 

 

 

先生の感想は

「 生徒のみなさんが一生懸命聴いてくれて、しかもメモまで取ってくれて、講演してよかった 」

 

 

 

記憶のH

記録のM

取手聖徳生にはわかる、この二文字。

まさに実践の場でした。

 

 

 

期待は膨らむばかり。

4 コメント
コメント一覧
  • 1

    昔はおばあちゃんから当たり前のように言われていたことを、今は何度も確認しながら生活していかなければならないことが残念ですが、先生のお話をうかがって、やはり親も生活を見直して、子どもと一緒にがんばろうと思いました。このような講演会があればまたぜひ参加したいです。

    by: etsumama, on 2010/04/17
  • 2

    坂東先生の 「女性の品格」は 何年か前に読ませていただき感動してました 
    こんなに豊かで 暖かな女性になりたい 、、
    そう思ったものです

    わが 取手聖徳女子に 和の精神
    がありますが 坂東先生の講演 お話は  重なっていたように思えました

    今回の講演会素敵でした

    受身だけでなく 座談会のようなものが 出来たらいいのにと思ったのは 私だけでしょうか

    by: 6D保護者, on 2010/04/19
  • 3

    坂東先生は、基本的に講演を受けることはありません。
    今回ご縁があり、来ていただけました。
    聖徳の和の精神のみならず、実践していることが重なっていて、心強い女子教育のお仲間です。

    by: 長野雅弘, on 2010/04/19
  • 4

    今回ご縁がありましてと
    長野校長先生のブログにありましたが、
    凄い方とご縁があるのですね。
    坂東先生の略歴を拝見させていただきました。
    凄い方です。
    目の前で、坂東先生のお話を聞かせていただけた事
    とても感激しております。

    取手校の更なる発展を目指す女子教育。

    女性キャリア開講記念として、相応しい講演内容だったと思います。(偉そうに私。。。。すみません。)

    講演内容は日本の時代背景と、そこに生きてきた坂東先生ご自身のエピソードなども盛り込まれ、歴史も時々覗かせていただき、興味深い内容でとても楽しませていただきました。

    (男性は仕事)(女性は家庭)
    (女は国の政策に口を出すべきではない)との意識が
    官僚や政治家に根強くあった時代に(言いたいことは言う)強さに、周囲を見張り、そして国の男女参画政策の礎を築いてこられた方。憧れますね。

    (日本の事を外国の人に説明出来る人に!)
    という言葉も印象的でした。
    広い世界から(外)から日本を見る。
    今は狭い世界にいる生徒さん達ですが、

    女性キャリア開講で、
    広い視野での知識を得、
    他校に比べ一足先に
    一人一人が目指すところを見出せる環境
    が出来上がるのではないかと
    期待しております。

    坂東先生のお話に感銘をうけ
    憧れた生徒さん達も大勢いると思います。

    人は、
    誰かに憧れ、
    その人の様になりたい
    と思うところから、
    将来の自分の目標を決める事
    が多い様な気が致します。

    今回も、
    良い刺激をいただき、自己向上心を高められた
    講演だったと思います。

    聖徳生の将来がとても楽しみでございます。

    いつまでも、応援しております。

    by: 元6A卒業生保護者, on 2010/04/20
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: