メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2012/09/06

育児 は 育自 とは   ~ 読み聞かせ ~

 

育児は育自。

よく耳にします。

 

 

子どもを育てるのは、自分を育てることに直結。

子ども ↑ = 親 ↑

最初から親なんて存在しない。

育児を通して、親になっていく。

 

 

先日、読み聞かせの話を聞きました。

「 児童書は、愛や平和・幸せ、自由のすばらしさを訴えています。貪欲は悪であると訴えています。ルールやマナー 教訓も含まれています。 子どもに児童書を読み聞かせることにより、お母さんやお父さんは、これらを再確認します。フワ~としていた大切なこれらを、再確認します。読み聞かせは、親を育てます 」

 

なるほど!

 

 

私たちも同様です。

昨日まで学生だったのに、いきなり今日から先生。

4月各所で。

新任の先生は、授業を通して生徒に育てられます。

もちろん研修や先輩の指導が入りますが、一番影響力が強いのは、ここ。

 

 

育児 = 育自 の話を聞いて、こう思いました。

     

4 コメント
コメント一覧
  • 1

    教育 = 共育 と よく講演会で話をしますが、『育自』 確かに納得です。読み聞かせの重要性を親子体操でも訴えているだけに、この言葉。ありがたく勉強させて頂きました。

    by: スキップえっぱら, on 2012/09/07
  • 2

    ごぶさたです、スキップさん。
    コメントありがとうございます。
    ちょっと寂しくなったこの学園ブログ・・・
    二人で盛り上げましょう!

    by: 長野雅弘, on 2012/09/07
  • 3

    育児、保育、教育 すべてに「育」「はぐぐむ」に文字が入っています。「はぐぐむ」を意味を(大辞泉で)調べると次の様な意味でした。

    1 親鳥がひなを羽で包んで育てる。
    2 養い育てる。
    3 大事に守って発展させる

    そこに「児」「保」「教」それぞれに意味が加わります。

    私の立場は、親であり、幼児教育者、大学の教員でもあります。

    さまざまな、場面で考える「育み」について、親が、幼稚園の教員が、保育者が、教師が、と他者に責任を転嫁するのではなく今自分「育み」としてできることは何か?を考えながら、今日も園児たちと過ごしています。

    長野先生、未来の子どもたちのために頑張りましょう。

    by: 幼稚園教諭, on 2012/09/07
  • 4

    なるほど。
    世界に誇れる幼・小の教育。中高も世界に誇れるようにしていきます。

    by: 長野雅弘, on 2012/09/07
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: