メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2007/05/12

こうちょうPOST ③ 学校は誰のもの?

 

卒業式翌日、ポストにはお礼の手紙、写真、プレゼントが山ほどはいっていました。

教員からのお礼の手紙までありました。

 

 

8通いただいた保護者からの手紙の中に、こういうものがありました。

 

 

 ”卒業式をどれだけ待ち望んでいたか。本当に安心しました。この一週間ほど、娘は毎日言いました、卒業したくない、と。

私は娘に言いました。お母さんも学校と縁を切りたくないの。

なんという学校でしょう。こんな気持ちにさせるとは・・・”

 

 

温かな言葉と、思い出がいっぱい詰まった手紙でした。

 

学校は誰のものなのでしょうか?教員のものではありません。

学校は、そこに所属した人、している人、かかわっているすべての人のものです。

 

そして、在校生と保護者の方々が主役になれるところです。

 

えっ?生徒が主役になれる場所ではないのですか?と聞かれそうですね。

答えはNOです。

 

生徒の保護者の方々のためにも学校はあります。親子で思い出を共有する場が、学校です。

 

 

常盤木学園には毎日保護者の方々が来られます。あらゆる行事にお呼びします。

夜には酒を酌み交わす頻度の高いこと高いこと。地方の特殊性ではありません。

私達が保護者の方々を大切にしているからです。

共に生徒の自立を促しているからです。

 

 

昔の学校はこうだったんだろうなあ、と思います。

 

 

古き良き時代の学校が、ここに存在しています。

 

 

1 コメント
コメント一覧
  • 1

    学習塾を営んでおります。学校も塾も生徒の関わりに全力投球するのは当然ですが経営者の立場からすれば常に親御さんの心情にベクトルを向けることはとても重要ですよね!言葉は悪いですが、なんたって最高にして最強の広告塔ですから。酒を酌み交わしながらの父母との交流を塾でもやってみるか!!!

    by: OG, on 2007/05/17
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: