メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2007/05/18

清原選手と松良理事長

 

清原選手の巨人時代の手袋です。

 

この手袋をはめて、何十本もホームランを打ちました。宝物の一つです。

私は熱狂的な中日ファンですが、清原選手の大ファンです。

あの闘志、あの心意気、技術のみならず生き方が、まさに”男っぷり”の良さを表しています。

実にカッコいい。

引退がささやかれ始めましたが、どういう結論を彼は出すのでしょうか。

 

 

私の身近な人物で、もう一人実に”男っぷり”のいい人がいます。

私のボスである、松良理事長です。

 

ボスはいつもこう言います「長野校長に任せます」と。

 

これまでいろいろな人からこういう表現をされましたが、実際行動にうつしてくれたのは、松良理事長ただ一人です。

 

ボスの意に沿わないこともこれまで多々あったと思います。

人はそれぞれ考えや行動、背負っているものが違うから、まったく同じなんてことはありえません。

違っていることを認めるには、度量の大きさが関係してきます。実に度量の大きなボスです。

ボスはかくあるべきというお手本のような方です。私は幸せな環境に感謝しています。

 

管理職は、部下ができないことをこなすことができて、本物の管理職です。

社長は、社員ができないことができて、本物の社長です。

 

学校においては、教師は生徒ができないことができて、はじめて本物の教師です。

本物の教師になるべく、人格も技術も磨き続けなければなりません。

 

 

本物の教師は、一体どれくらいいるのでしょうか。

 

 

いいわけばかりの先生って多すぎないでしょうか?

6 コメント
コメント一覧
  • 1

    「任せたよ」と生徒に言いますが、ついつい横から口をはさむこともあり、なんで我慢出来なかったかな~と反省することも度々あります。「任せきる」ことができるよう心も大きくしながら、磨きすぎてなくならないように人格も技術も常に向上するよう努めていきます。そういえば「長野校長に任せます」私も聞いたことあるセリフです。

    by: 闘う教師2号, on 2007/05/18
  • 2

    闘う教師2号さん、ありがとうございます。ねらい通りのコメントです。「任せた」って教師がよく生徒に言いますから。さまざまな計画・立案・実行の中で頻繁に出てくる言葉です。「自立」してもらうためには、生徒に任せましょう。その前提では、教師は大活躍です。

    by: 長野雅弘, on 2007/05/18
  • 3

    投げかける側は勇気が要り、
    投だからこそ投げかけてもらう側にはとても嬉しく、しかも意気に感じる言葉ですね。
    『やってやる!!』という気になります。

    しかし…確かこの清原選手の手袋は、2年前に私にくれると言っていた物のはず…
    忘れたとは言わせません、早く私に清原選手の手袋を投げかけて下さい。

    by: 闘う教師3号, on 2007/05/18
  • 4

    「任せたよ」といいながら、運営に口出しする理事長。
    まあ理事長に限らず、そういうかたばかりのような気がします。
    松良理事長には一度しかお会いしたことはありませんが、
    とても温かみのある雰囲気を持った方だったように
    記憶しています。そんなところで働けるって、幸せですね。
    でも、人間ってなかなかそういう幸せを感じ取ることの
    できない生き物なんですね。
    自分が「任せられない」人にならないように気をつけたいと
    思います。

    by: idictus, on 2007/05/19
  • 5

    「任せたよ」から始まる大冒険。何もないところから何をどのようにでも創り上げていけるという喜び。失敗したらどうしようというハラハラも含めて、これ以上刺激的なことはないと思います。ちっぽけな提案ひとつに対しても「それなら、やってみればぁ?」と言ってくれる松良先生の、一瞬冷たく光る目が恋しいです。

    by: MT, on 2007/05/20
  • 6

    口は出すけど、お金は出さない。それが学園の理事長で、人のいい校長がいて、理事長にいつも媚を売り次期校長の座をねらう教頭とその取り巻きの先生がいて。う~ん!一昔前の青春学園ドラマ。その中で落ちこぼれの生徒のために、持ち前のチャレンジ精神で奔走する主人公の熱血先生。主人公の熱血先生の口癖であり、みんなの合言葉は、「Let's begin!」、「さあ、何かを始めよう!」だったかな?今思えばその先生の姿が、私の教師としての原点かも知れません。

    なぜか松良理事長の「長野校長に任せます」というエピソードの話から、ふと正反対の大昔のTV番組を思い出しました。

    なかなか人に「任せたよ」と言えない自分。
    まだまだ『人生修行中』です!!

    by: 闘う教師1号, on 2007/05/20
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: