メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2007/06/25

あふれかえった南部せんべい!

 

岩手県でおこなわれていた、東北大会が終わりました。

常盤木生は大健闘!数々のすばらしい結果を残してきました。

 

中間テスト(2期制)終了直後の大会にもかかわらず、常日頃の鍛錬の結果がでました。

身体も心も、充分鍛えている証拠です。

生徒も指導者も、実にアッパレ。

 

 

優秀な結果だけではありません。

気配りもしっかりしています。

今日の職員室は、岩手名物の“南部せんべい”で、あふれかえっていました。

生徒からも指導者からも、“南部せんべい”。

 

これが、うまい!

 

もちろんインターハイへいく部活は、その時のその場所の名産品を、必ず買ってきてくれます。

心優しき戦士たちです。

 

このような行為を、ごく自然にできることが、大きな自慢です。

世知辛い世の中、という言葉は、ここには当てはまりません。

いつもいつも、自然におこなわれています。

 

 

選手も指導者も、現地で時間があるわけではありません。

わずかな時間を、自分のためではなく、私たちのために費やしてくれたのでした。

 

 

もらったお土産を、すんなり食べることはできません。

他者のために費やした時間とお金と、自己犠牲の精神に感謝して、はじめて口にします。

 

 

あふれかえった南部せんべいを食べながら、幸せをかみしめています。

 

1 コメント
コメント一覧
  • 1

    ただのせんべいじゃないですもんね。
    『南部』せんべいですからね…

    じゃなくて、選手や監督としたら感謝の気持ちのこもったせんべいですからね。
    逆に、いただいた側が感謝ですね。
    まさに感謝が飛び交っている学校…素晴らしいです。

    by: 闘う教師3号, on 2007/06/26
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: