メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2007/06/30

言葉尻だらけの摩訶不思議な記事 ~ みなの頭の上に?が ~

 

「女子学」の取材を何社からも受けています。教育関係者視察も受けています。次回は相当数の視察者が予想されています。

 

そういう中、記念すべき?第一号記事が昨日、朝○新聞地方版にのりました。その記事は、当事者にとって読解不可能な内容でした。

 

本筋で構成されているのではなく、コメントをした人の言葉尻で構成されていました。

コメントをした人たちに、私は確認を取りました。

 

本筋をはずした記事にあきれはてていました。「こういうことではないのに・・・」と悲しそうに話す○○さんの言葉に、心が痛みました。

 

記事を一ひねりする傾向が強い○○新聞、という印象を持っている私は、「こういう意味で書いたのではないでしょうか」と、解説しなければなりませんでした。

 

事実主体で、本筋を見つめ、簡潔明瞭に構成していけば、こういうことにならないのに。

 

記者は、朝から読者に、頭の体操をさせたいのでしょうか?

 

ブログもそうです。新聞や週刊誌の記事と同様、書いてしまった以上は、文字が一人歩きしてしまいます。

 

何冊もの著作を持つ私は、文字が一人歩きしても大丈夫なように、「自立」した文字にして社会に送り出しています。

 

この点では、教育の目的・目標は「自立」、と言い切っている常盤木学園の教育精神と、まったく同じです。

 

 

2 コメント
コメント一覧
  • 1

    記事って記者の意図を感じる場合がありますよね。

    決して嘘を書いているわけではないにしても、コメントの一部を取り上げ、一部を書かない場合もありますし…

    一度その朝○新聞の記事を拝見してみたいものです。

    by: 闘う教師3号, on 2007/06/30
  • 2

    関係者には読んでもらう用意がしてあります。さてさて、皆さんの感想はいかに?

    私の予想・・・「 えっ? 」 です。

    by: 長野雅弘, on 2007/06/30
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: