メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2007/10/26

面接練習からわかる本当の志望動機

 

毎日毎日、休み時間や授業後は、面接練習と小論文講習でぎっしりスケジュールが埋まってしまいます。

私の体調不良は、生徒の受験とは無関係なので、しっかりこなさなければなりません。

 

 

生徒は、それぞれの思いで受験校を決めます。

最終判断は、直接大学を訪問したときになされます。

自分が、このキャンパスを歩いている姿がイメージできた瞬間に、受験を決意します。

 

 

志望動機としていろいろ話しますが、本当の理由はここにあります。

さて、この本当の受験決定に、一番影響を与えるものは何でしょうか?

 

 

答えは・・・

在校生の様子です。

 

 

在校生(在学生)のはつらつとした姿、はじける笑顔、これが決定打となります。

在校生がこういう様子になるのは、

学校(大学)に満足しているからです。

楽しいからです。

自分が伸びていることが実感できているからです。

 

 

良い教育をしているから、在校生の満足度が高く、結局それが決め手となって、

受験者が増えます。

入学者が増えます。

 

 

大学も、高校も、中学も、この点では変わりありません。

本物の教育の提供が、結局、生き残る秘訣です。

満足度の高いサービスを、どこまで提供できるかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: