メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

2011/04/25

南相馬の方々


南相馬の方々が、取手市に避難されてきて随分。
競輪場選手宿舎へ。
「 取手市の避難所はとても良い 」
との評判がたっているそうですが、
その通りです。
茨城県の施設ですが、取手市が借りて運営している施設。
競輪選手用なので、中途半端な旅館・ホテルを凌ぐ設備。
救援物資も大量に送られてきています。
みなさん、世界中の方々に感謝。
一部の齟齬が某週刊誌に載りましたが、
避難されてきている多くの方の声を聞いたのでしょうか?
少なくとも
私は聞いたことがありません。
感謝の言葉以外は。
取手市永住を決心されている方々も。
大歓迎。
大変良いところです、ここは。
続きを読む…

女性キャリアの授業が本格始動。
女子教育に関して。
mind面に比べ、難しいheart面での伸長を促す 日本初文科省指定の試み。
昨年度から始まった、この女性キャリア。
2年生と5年生は、より実践的に。
1年生と4年生は、 創立者の思い から。
思いとは、志 または 哲学。
どうしてもこれだけは譲れない という思想。
聖徳生としての誇りが、身につくことでしょう。
未来を拓く!
続きを読む…

第22回 吹奏楽部定期演奏会。
今回は、チャリティーコンサート。
取手市に避難された 南相馬市の方々をご招待。
吹奏楽部の工夫を凝らしたパフォーマンスで、一時でもホッとしてもらえれば。
5月4日(祝)
牛久市中央生涯学習センター
14:00開演(13:30開場)
全席自由
入場無料
みなさんのお越しをお待ちしております。
続きを読む…

2つの自習室。
形態は全く違います。
教えあい学びあう形式。
個別形式。
個別形式の利用状況は
授業後はもちろん
朝6:30から利用する生徒たちが。
大体試験と言うものは9時スタートが多い。
そのために、朝早くからの学習はピッタリ。
寮では、朝5時からウイングネット受講者が。
それぞれのパターンがあるので、それはそれでよし。
よって、自習室の回転が良好。
継続の秘訣をここでも応用します。
続きを読む…

新入寮生歓迎会。
入場時 手作り帽子で。
右端にチラッと。
取手聖徳 和弘寮の自慢は
みなが思いやりの精神にあふれていること。
思いやりは、想像力です。
学問の本質は、想像力のアップです。
本質を身につけた、まさに優等生。
この日も、いたるところで、その光景が。
新入寮生の皆さん、良い学校を選び、しかも寮に入ったことは
大正解!
私は、そう断言します。
充実した日々を過ごしてください。
先ずは、早寝・早起き・朝ごはん
リズム作りです。
続きを読む…
2011/04/15

満開の桜


学校周りの桜が満開に。
風で舞い落ちる様は  日本 
先日
水戸方面への出張。
水戸駅に近づけば近づくほど、地震の爪あとが激しく。
駅舎の崩壊、建物の外壁、屋根瓦は当然のように
すべて応急処置で、まだ完全ではない。
取手市内とは様相が一変。
被災県ですが、義捐金活動を学校で。
無事な私たちの責務。
 もうひとつの職員室 で詳しく。
さて、
「 早急に修繕を 」
「 いつまた余震が来て壊れるかもしれないので、もっと後でいいのでは 」
「 後っていつ?  大きな余震が来て壊れたら また、直せばいい。 すぐに着手を 」
この会話は、大きな病院でのこと。
院長の指示 続きを読む…

新入部員勧誘。
ポスターから。
見学。
参加。
是非!
こちらは、文化部。
新たな部も。
新たな同好会も。
部活動は人を育てます。
授業もそうですが、部活動も同様。
学校をフルに活用して欲しい。
続きを読む…

茨城新聞 論壇に。
今後も。
震災の影響で、第一回が遅れましたが
今日 4月9日(土) 第一弾が。
新聞への連載は始めて。
書きたいことが多過ぎて、取捨選択を。
今回の続きが次回に。
2回ワンセット。
取手聖徳の実践を読んでください。
続きを読む…

自習室 2ヶ所。
一つは、40ブースある個ラボ形式。
カードでブースを選択。
カードには箴言が。
ここに、すでに工夫が。
決まったブースへ移動。
落ち着いて、集中できるブース。
イス・机 人間工学に基づいて作られたもの。
さて、もう一ヶ所は
赤本コーナーに設けられた
学びサロン。
こちらは、教えあいのスペース。
強調する力を発揮する場所。
どちらでも好きなほうで勉強。
しっかり学んで、満足して下校。
全校生徒への案内は終わり、
みながフル活用することを待つのみ。
後援会のご尽力で完成。
「 生徒が伸びてくれるなら 」
ありがとうございま 続きを読む…
2011/04/07

SFC 始まる


SFC 聖徳フレッシュメンズキャンプ
聖徳生になるために
勉強の習慣を身につけるために
習慣になれば、そうしないと気味が悪い。
挨拶も同じ。
行きのバスから元気。
校長講和への積極的参加もOK。
昨年は一泊しましたが、今年は都合により日帰り。
保護者の皆さんへ
みんな元気で、意気軒昂です。
ご安心ください。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249