メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧


明日は、常盤木学園高等学校 推薦入学試験 の日です。
私立高校は、この不況で日本中大変な状況です。
「 本当は私立に行きたいのに ・・・ 」
こういう声が、あちらこちらから聞こえてきます。
ずいぶん相談を受けました。
さらに悪い要因が、いくつも重なった今回の入学試験。
一時は、どうなるのか心配で毎日胃が痛くなるほどでした。
 良い学校・日本一の学校 などと言われても、ふたを開けてみなければわからないところが、私立の宿命。
そういう中、どうしても常盤木学園に!という生徒たちが、推薦入試を受けに来てくれます。
ようこそ。
明日は、朝早くから皆さんを迎えます。
続きを読む…

塾の先生方に絶賛されている何冊かの本。
内容は、 スーパー塾講師になるためには 。
この内容が驚き。
授業力の伸ばし方はもちろんのこと、講師としてのあり方にまで言及しています。
塾講師としてのあり方は、学校の先生のあり方と、まったく同じ。
ハートと形。
感動から子どもを動かす。
徹して向き合う。
なるほど。
子どもと親へのサービスに徹している。
これって、学校のあるべき姿なのでは・・・
常盤木学園では充分できてはいますが、他はどうなのだろうか?
私たちは、更に徹していきます。 
続きを読む…

 美しい国、日本 
小泉さん、安倍さん、 お二人が総理在任中にはよく耳にした言葉です。
年が明けて、何人もの方と新たな出会いがありました。
不思議なことに、皆さん共通して、この言葉を口にしました。
景色や技術ではなく、 心の美しさ という観点で。
今 国のあり方が、大きな転換期を迎えているのかもしれません。
それを察知しての解釈かもしれません。
私の判断はともかく。
解釈はともあれ、 美しい国、日本  が  心の美しい国、日本  であるべく、教育をし続けます。
 
続きを読む…

開講式(始業式)でした。
ざわつく体育館。
理事長か私が登場すると、3秒ほどで式に臨む状態に。
式中も当然。
ブログでこのことを書き込むのは何回目かですが、
この事実に驚きませんか?
大抵は、 「 静かにしなさい 」 とか 「 式を始めます 」 などの言葉が優先します。
しかし、約束事がしっかりできる常葉木生には、言葉は要りません。
まもなく成人式です。
各地で 荒れる成人式 という言葉が聞かれます。
学校で約束事を守らせていない結果では。
そんなにたくさんのルールを、学校だけでは教えられません。
しかし、 人に迷惑をかけない とか 約束は守る は絶対に教えられ 続きを読む…

明日は開講式(始業式)。
全校集会があります。
校長としての私の話もあります。
明日は、森信三先生の言葉を話します。
森先生に限らず、世の哲人・偉人は、同じような言葉が非常に多い。
やはり、真理なのでしょう。
その真理を、どうやって伝えその気にさせるか、これが現職に与えられた使命だと思います。
現場にいる間にしなければならない。
明日は、生徒諸君全員が元気で登校してくるのを、校門で迎えます。
続きを読む…

本場 青森のりんご。
早速いただきました。
西日本にも果物王国がありますが、東北にもあります。
食に関して、何から何まで豊かな東北。
諸事情で、減反政策の見直しが始まりそうです。
どうなるか。
こちらに住んでいると、農業政策に敏感になります。
真剣になります。
こういうおいしいりんごを始めとして、豊かな食をいつまでも維持して欲しい。
そのために、私ができることはやっていきます。
続きを読む…

自宅以外に、学校のパソコンへの年賀と、学校に届いた年賀状が合わせて数百枚。
ありがとうございます。
一枚一枚しっかり読みました。
年賀状は贈りものです、という言葉は本当ですね。
一杯プレゼントをいただいた気持ちになりました。
お一人お一人の顔が、出会ったときの状況が、鮮やかに思い出されました。
昨年一年間の思い出も。
今年にかける意気込みが伝わるものばかり。
皆さんの意気込みが、私を熱くさせてくれました。
受験申し込みも始まり、熱い日でスタートです。
続きを読む…
2009/01/04

本の売れゆき


「 本を読まなくなった」 と言われて久しいですが ・・・
毎日本屋さんに行きましたが、いつもいつも人でいっぱい。
買う際には、列に並びます。
よく売れているなあ、と思うほど。
今の自分に必要な本は、いつの時代も売れているのでは?
確かに、私の好きな哲学書コーナーは、以前よりも閑散状況。
こういうコーナーすらなくなってしまった本屋さんもあるくらい・・・
 どこでもドア  のような 本 というものの存在は、活字信仰の強い日本人には、切っても切れない存在であり続けることでしょう。
並んで買うのは好きではないけど、本が売れているのを体感できてうれしい。
本の売れ行きが、 続きを読む…

まもなくスタート。
充分な反省と、計画を。
充分な反省に、手帳とこのブログが大いに役立ちました。
○月○日に、なぜこのブログを書いたのか。
私は、膨大な分量を書き込みます。
そこから、削って 削って 。
そして、公開します。
それを思い出します。
PDCAサイクルが動き出しました。
 北の王者  を目指して。
続きを読む…

喜楽久亭のおせち。
白木の箱入り。
一の重。
二の重。
豪華で繊細な 作品 とも言うべき おせち。
味は言うまでもなし。
年初は 縁起物に こだわりました。
重大発表の年。
昨年同様、今年もよろしくお願いします。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249