メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧


東北6県の英語弁論大会クロージング。
宮城県副会長の私が担当しました。
壇上に立ってはじめて気づくことがあります。
それは、客席の構成。
高校生が大半かと思い込んでいたら、中学生や保護者の方のほうが多いとは。
内容を途中から、まったく変えました。
わかりやすい英語に、わかりやすい内容に。
脈絡の無い話に・・・
猛反省。
準備で決まることを再認識。
甘さが原因。
今日は結婚式での祝辞。
昨日の反省を生かします。
続きを読む…

講演後、酒田市の宝物の喫茶店に連れて行ってもらいました。
ケルン。
どうして宝物なのかを、車中説明を受けました。
私は、その説明よりも、説明をしてくださった方の心意気に感服していました。
大切なものを、大切にし続ける。
宝物なので、外の人に知ってもらいたい。
こういう心意気でした。
古びた扉を開け中に入ると、コーヒーの良い香りが漂っていました。
紫煙をくゆらせながら、絶品をいただきました。
お土産の豆です。
ちょっと良いことがあった時に開けます。
それまでのお楽しみ。
続きを読む…

バスからの紅葉です。
山々が、黄色に赤に染まっています。
アッパレ!
山形県私立学校教育研修会での講演の様子です。
総勢120名ほど。
みなさん大変熱心に参加されていました。
前日の夜の懇親会。
名物の芋煮がでました。
味噌味でした。
「 これは芋煮ではない。山形の芋煮はしょうゆ味だ 」
ここは酒田市。
同じ山形県でも、どうやら全くの別物らしいです。
「 酒田では、これが芋煮。 そちらとは違う 」
論争です。
黙った聞いていましたが、仙台はもっと違います。
最終的には、仙台の芋煮の批判に。
今度は、私が黙っていません。
仙台の芋煮の応援に。
続きを読む…
酒田市にバスで向かっています。
太平洋側から日本海側へ。
三時間以上。
日本列島を、こういう移動をすれば、当然山々を越えます。
紅葉真っ盛り!
せせらぎ沿いは、まさに日本の美!
日本人が一番好きな景色は、紅葉。
京都を訪れる観光客は、桜のシーズンより紅葉のシーズンの方が、はるかに多いことが証明しています。
絶景堪能。
今シーズンの紅葉は、大満足!
続きを読む…

明日は山形県酒田市へ。
私立学校教育研修会記念講演のためです。
宮城県の隣が山形県。
都会の感覚だと、電車で何分。
しかし、電車で行くとひどい目にあいます。
どれだけ時間がかかるやら・・・
高速バスを利用します。
これが最良の交通手段。
必要なところには、道路は要ります。
それが一番の移動手段なのだから。
インフラ整備充足の地と、そうではない地 に分けて考えなければいけません。
ひとくくりに  道路  では ありません。
住んでみればわかります。
相手の立場に立って、考えることの出来る人。
相手の立場に立って、行動できる人。
こういう人材を常 続きを読む…

高校○年生
3者懇談
「 お前の夢や希望は何だ? 」
「 ありません 」
「 だからお前は出来が悪いんだ! 」
母親の前で、担任から言われた言葉です。
隣に座っている母親が、グッと拳を握り締める様子がわかりました。
夢を見みつけるために、普通科を選んだのに。
わからないから、普通科を選んだのに。
卒業時は、学年一番( ちょっと自慢 )
必死で勉強し始めたきっかけは、もちろんこの言葉ではありません。
大きな夢ができたからです。
どうしてもその夢を現実のものにしたくなり、勉強しなければならなくなったからです。
勉強は裏切らないので、必死でやればやるほ 続きを読む…

 あなたの夢や希望をかなえます 
実に多くの学校のポスターに、こう書いてあります。
夢や希望がない人は入学不可?
ない人はどうするのか?
はっきりとした夢や希望を持っている中学生のほうが、少ない。
当たり前。
さらに、 夢や希望は どんどん変わる。
これも当たり前。
はっきりとした夢や希望がなくても大丈夫!
見つけるために進学するのだから。
でも、この質問には YES と答えてください。
 あなたは幸せになりたいですか? 
幸せになりたい、 ここから 教育が始まります。
任せなさい。
 
続きを読む…

カナダから、広島から、続々とうれしい便りが届いています。
生徒たちはこんなに喜んでいる の後に、私たちもこんない楽しいことがあった、と付け加えられています。
良いことです。
どちらかが苦しいと、つまらない旅行になってしまいます。
どちらも楽しければ、申し分ありません。
しかし
ある先生からのメールを読んで、私はうらやましかった。
悔しいくらいにうらやましかった・・・
いつもは「 良かった 」 と思うだけなのに。
ガリレオではありませんが
「 実に うらやましい 」
校長を、ここまでうらやましく思わせる常盤木学園の(修学)旅行、おそるべし。
内容?
ヒミツです 続きを読む…

常盤木学園では、修学旅行と言わずに 国内旅行・カナダ旅行 という言い方をします。
ちょうど一年ほど前に、この理由をブログにアップしました。
どうぞ、そちらを参考に。
一年経ち、明日いよいよ第一陣が出発です。
今日は、結団式。
みんなのワクワク感を、壇上で感じました。
降壇する時に思い出しました。
 私の修学旅行は、つまらなかった 
私も高校2年生で、修学旅行に行きました。
山登りの連続。
卵と2枚のハムだけの食事。
就寝時間の厳守。(罰則あり)
バスの中や、旅館では勉強時間あり。
たった一つ、帰り道に寄った 松本市の美術館だけが良かった。
建物から、所蔵品まで 続きを読む…

仙台たなばたのたなばた飾りが、ふたたび登場。
仙台・宮城ディスティネーションキャンペーンの一環です。
写真は、仙台駅新幹線ホームのものです。
トイレにも、小さな飾りつけがあり、おもてなしの配慮が見受けられます。
街全体がそうなっています。
観光に力をいれるべきだったのに、今更、なんていう声も聞かれます。
私に言わせれば、だからこそ今から頑張ればいい。
ネーミングは難しいが、素晴らしい一歩。
続ければいいこと。
京都人は、京都の景色を見慣れて何も思いません。
慣れは恐ろしい。
企画する人が慣れないように、ワクワクしながら続けてもらいたい。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249