メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

失格焼酎
普通   本格焼酎。
これは、 失格焼酎。   くされ親父。
右はじには、懐かしい表現が・・・
大好きなお店の焼酎。
鬼嫁(日本酒)に対抗して、親父さんが特注で作った くされ親父(焼酎)。
大切なお客様によろこんでいただきました。
大きなお客様なので、すべてをのみ込み、話が弾みました。
「 私立学校を何とかしなければ 」
このお店、いつ来ても何もかも新鮮。
CS完璧!
明日は何が?
続きを読む…

標準
一から百までとすると、きっと五十をイメージするでしょう。
違います。
「 ○○先生の授業が標準です 」と私が言った場合は、その先生はトップです。
トップを標準とします。
みなが標準に達するように頑張ります。
標準は、指標なので、 トップ が標準です。
みながトップに追いついた頃には、トップはさらに上にいます。
するとみなが、標準になれるように頑張ります。
改善の連鎖です。
終着点はありません。
続きを読む…
2008/07/14

不思議な再会

東京出張。
九段のある場所。
ある方。
定刻におうかがいしました。
「  あれ? 」
その方と一緒にいたのは、久方の友人。
偶然の成せる技。
余りの奇遇に、お互いビックリ。
その方と三人で、終了予定時刻無視のエンドレス鼎談。
終電になりそうです。
縁結びの神様に感謝!
携帯でブログが作成できるのは便利ですね。
続きを読む…

江戸時代もそろそろ終わりに近づいています。
NHK 篤姫 の話ですが。
当時志し高き若者は、お城のあるところに集まりました。
今は?
志し高き若者は、都会に集まります。
志し高き若者は、私立学校に集まります。
創立者の篤い思いに満ち溢れた、私立学校に集まります。
琴線に触れるからです。
創立意義。
勉強。
部活動。
公立にはない、とは言いません。
しかし、圧倒的に私立です、こういう意味では。
育てる義務があります。
期待に応えなければ。
私たちはこのことを、忘れてはいけません。
続きを読む…

今週は続きました。
これくらいは、 と油断しなかったことが幸いしましたが、 連続でした。
個人的なことですが。
しかしその度に、助っ人登場。
前回で、 教員は含み資産である、と書きましたが、
個人にとっては、友人が含み資産である。
さてさて、来週は・・・
待ち遠しいものです。
続きを読む…

研究授業が今週から始まっています。
いつもより念入り?
いつも通り?
どちらもあります。
すっぴん
お化粧
毎日みているので、すぐにわかります。
教室内に生徒目線のカメラをセットし、  気づき  に至ってもらいます。
授業には二種類あります。
良い授業。
悪い授業。
良い授業ばかりであっても、順位がつきます。
常盤木学園の授業レベルは高い!
低い順位でも、実に良い授業です。
要するに、天井が高い!
実に高い!
こういう授業をしてくれる教員は、誇りです。
教員は含み資産です。
常盤木学園には、膨大な含み資産があります。
全国の管理職の皆 続きを読む…

表題の件、宮崎社長から連絡をもらいました。
仙台は映らない・・・
ビジネス界にいる方にとっては、WBSへの登場が一つのステータスです。
さすがメディアジャパン!
販売しているDVDは、どれも面白そうだなあ、と思います。
もちろん自分のものを含めて。
どれもこれも、順調な販売経緯を示しているそうです。
世のため、人のため。
社長、次の一手!
会社成長ビデオはどうでしょうか。
モデルは、メディアジャパンです。
みなが欲しているものを販売するのではなく、欲するようにするのが手ではないかと思います。
あっ、もちろん考えてみえましたか。
失礼。
続きを読む…

○業 としたのは、このブログが  闘う校長日記 になっているからです。
古来日本人が、もっとも大切にしてきた二つ。
そのおかげで、今の日本があります。
さて、日本の教育制度と○業制度は、本当によく変わります。
結果
ガタガタに。
教育界でも一部の人しか知らないことですが、大きな制度変更が進んでいます。
外堀は埋められました。
この制度が導入されると、さまざまな物が消えます。
物だけではありません。
一部の高校生の希望も、消えます。
この制度改革の後押しは、きっと○○界だろうなあ、と想像します。
この想像は当たっているはずです。
なぜなら、いつもそこの都合で動かされてきたか 続きを読む…
いよいよ
仙台たなばた の飾り付けが始まりました。
世間では今日がたなばたですが、仙台では旧暦で行ないます。
昨年、仙台のたなばたは女子教育のためだった、というブログを書きました。
好評でした。
時代が流れましたが、伝統・文化を引き継いだものになっています。
さまざまな飾り付けをし、堂々と飾られているさまは、圧巻です。
是非仙台にお越しください。
夜は、夜で 動くたなばた もあります。
不易部分は決して崩さず、時代に即した流行を取り入れ、人気を博しています。
あれ?
私の教育論と同じ!
続きを読む…
説明会
ブースをもらっての説明会です。
大学が中心なので、来訪者の心配がありました。
昨年の数倍の来訪者でした。
中学生以外の来訪者も。
業務明けの教員が手伝いに来てくれました。
自主参加です。
その心意気が、大きな原動力になります。
常盤木学園は、そういう心意気があふれています。
盛り上がりの説明会でした。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249