メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧


原点に立ち返り、本質をついた大ヒット商品  萩の月  です。
まさに直球勝負!
仙台といえば、 牛タン 笹かまぼこ ずんだもち などを思い浮かべる人が多いと思います。
それらと伍しての大人気商品が  萩の月  です。
ある日社長が全社員に指令を出しました。
「 新しい商品を開発したい。どういうものが良いか、アイデアを出して欲しい 」
女性社員の一人が、お菓子に関して徹底調査をしました。
すると、明治以降なくなることなく、ずっと売れ続けている商品を3つ見つけました。
カステラ・アンパン・田舎まんじゅう。
この女性社員は、不滅の3つを組み合わせました。
 萩の月 の完成です。
続きを読む…

2005年8月4日に出版された実践本です。
基本的に学校改革法は変わりませんが、一つとしてまったく同じ学校はありませんから、
それぞれに合うようにアレンジしなければなりません。
基本は、すべてこの本に書きました。
先日、国立大学 大学院留学生が、この本を持って私を訪ねて来ました。
驚きました。英字の書き込みがびっしりあり、付箋だらけでした。
私との話の内容は、彼の研究に差しさわりがあるので詳細は明らかにできませんが、 
TQM VS KAIZEN でした。
なにより、ここまで読み込んでくれたことが、私にはうれしくてうれしくて!
最後にこう言いました。 
「 これが全てではありません。 続きを読む…

梅雨明けしない仙台ですが、ここ2日間暑い日が続いています。
それまで雨が降り続き、すごしづらい日々が続きました。
忙しさと重なり、体調を崩しました。 誰にも言いませんでした。 
責任職にある人は、そういうものです。
今朝、一人の先生が栄養ドリンクをくれました。
「 最近顔色悪いですよ。これを飲んで頑張ってください 」
ばれてました。
まだ、飲んでいません。
この思いやりが、私を元気にしてくれました。
ありがとう。
続きを読む…
この夏休み中、講演を何件か受けました。
何ヶ月も前から相談を受け受諾したケースと、緊急避難的要請を受けたケースがあります。
本業にまったく影響がない範囲内でしか受けることはできません。
仕事をしていれば、そんなことは常識です。
しかし、この2週間内に何件も、私にとっては異常な相談がきました。 
内容はこうです。
「 まだ決定ではないのですが、8月上旬に講演をご依頼するかもしれません。 よろしいでしょうか? 」
「 そんな近々のことを、まだ決定していないのですか?
本当に私に講演をしてもらいたいのですか?ところで、決定権は誰が持っているのでしょうか? 」
「 誰と言われましても・・・。 続きを読む…
どこまで増えていくのだろうか?
オープンスクール参加希望者の数です。
うれしい悲鳴を上げています。予定人数を超え、危険水域に突入しそうです。
しかも当日は、ライバル校もオープンスクールです。
「 学校力 」 が増したのでしょう。 
オープンスクールに来てくれて、気に入ったら入学してくれればいいのです。
気に入らなければ、他の学校を選ぶべきです。
ミスマッチが、一番不幸です。お互いに。
当日は、お手伝いしてくれる在校生が300名近くいます。
ホストシスターと呼ばれる彼女たちは、ボランティアです。
先日の集まりで私はこう言いました。 
「 当日、中学生もその保護者も、私たち教員で 続きを読む…
今日から、37日間の夏休みが始まります。
都心部より若干短めの夏休みです。
まとまった休み中は、まさしく 稼ぎ時 です。 
勉強・部活・読書・友情・・・ 稼ぎ時です。
自転車操業のような毎日から、自由な時間が多くある夏休み。
何を選択するか?選択したことの稼ぎ時です。
何を選択するか、の昨日までが私達の勝負期間でした。
およそ3週間、私達は勝負しました。
生徒の選択がよりよいものになるように、授業や集会そしてHRで、心をくすぐり続けました。
そして、勉強、教養、部活などで、学校として提供できるものを示しました。
結果、多くの生徒が学校を舞台として、スターになってくれそうです。
もち 続きを読む…

3年生最後の合唱コンクールの様子です。
優勝クラスの、見事な合唱風景です。
こういう行事を否定する学校が目立ってきました。わかってないなあ教育が、と私は思います。
今日に備えて、各クラス、毎朝・昼休み・放課後を利用して練習してきました。
それによって、クラスの力がつきました。
心の連帯が強まりました。
いつまでも心に残る、いい思い出ができました。
一人ではどうしようもないことが、力を合わせれば解決できることを知りました。
皆さんも経験があると思いますが、クラスが個人に与える影響は計り知れません。
クラス力がつくということは、個人が大きく伸びる、ということを意味しています。
続きを読む…

問題が読めますか?
読んだ人はたいていこう思います、「 わっ、めんどくさい 」と。
「 こんな問題解けない 」と思う人もいるでしょう。
誰もが、この手の問題で頭を悩ませたに、違いありません。
BUT、 解けるんですよ、しかも簡単に。
以前紹介した、小論文作成地図を理解しさえすれば、こういう問題のほうが簡単だとわかるはずです。
私の専門は英語です。
辞書・教科書・教科書指導書・問題集・参考書などの執筆をしてきました。
文部省(当時)の一大方針転換(実はよくある)によって必要に迫られ、小論文を現場で教えてきました。
今も教えています。
ある時、気づきました。 「 評論文は、 続きを読む…
女子教育に邁進してきた私ですが、男性と女性の結果における平等を求めたことはありません。
本当によく誤解を受けますが、機会の平等を求めてきただけです。
教育界には、悪しき慣例があります。結果の平等です。
ジェンダーフリー論にも、まま見受けられます。
結果の平等は、真の平等ではありません。
国際的に見れば、以前のアメリカ、今の南アフリカがそうではないでしょうか。
先日発表された、男女共同参画白書 2007年版 によれば、こういう結果が出ています。
女性の就業比率は、他国とほぼ同水準の 41.4% 。 
しかし、課長以上の管理職は、10.1% 。
国家公務員に占める割合も20%で、他国と比 続きを読む…
昨日18:30頃、ミヤギテレビのニュース番組内特集で、常盤木学園の女子学講座がとりあげられました。
はずんだ声での留守電が、いっぱいはいっていました。
ワクワクしながら帰宅し、録画をみようとしましたが、番組の録画はありませんでした。
家人が忘れたのではなく、そもそも録画をする機械が故障していました。
現在稼動している、その種の機械類はDVD(再生専用)のみです。
まだみていない私の窮状を知り、火曜日に録画したものを持ってきてくれる方が現れました。
やっと、みることができそうです。
振り返ってみれば、こういう生き方は両親から学びました。
なにはともあれ、子供の教育にお金をかける。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249