メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧


「あっ、これかわいい」 「いいね、この制服」と展示会場で評判だったのが、常盤木学園の制服です。
昨日の、制服展示会場での話です。全国の制服が、ズラーっと並ぶ中、手前味噌ですが、目立ちました。
79年前からほとんど変わっていません。4本の白ライン、緑のスカーフ、さまざまな機能は不変です。
今回さらに機能的になって新登場です。
この制服の人気を証明する事として、リカちゃんが着ている、という事実があります。
全国的に人気のあるこの制服を着たリカちゃんが、ストラップとして販売されました。
冬服バージョン・夏服バージョンの2種類ありました。
販売と同時に、即売り切れでした。そこまでの人気です。
続きを読む…

個人情報の問題があり、写真を小さくせざるを得ませんでした。ご無礼。
とある中学校から呼ばれ、常盤木学園の説明をしているところです。
私たちの前の学校が、制限時間を5分オーバーしました。
最低!時間厳守と言っていた私は、10分オーバーしてしまいました。
言い訳になってしまいますが、聞いてくれている中学生たちがのせてくれたからです。
昨年もこの学校へ行きましたが、今年と同じ経験をしました。
あいさつがいい・聞く態度が真剣・熱意が伝わる、という話し手にとって最高の条件をそろえてくれる中学生たちです。
私は、この中学校の校長先生が大好きです。
いつも自然体で、スッと前を見つめ、にじみ出る愛 続きを読む…

日本一の女子校を目指し、吉田松陰や緒方洪庵を輩出しつつある、常盤木学園教職員の一日は早朝から始まります。
TOKIWAGI DIARY はご存知でしょうか。常盤木学園HPを構成している一つです。
昨日分をご覧いただければ、驚くことうけあいです。
朝7:00前から生徒は登校し、勉強をしています。
テスト前特集で写真を載せたのですが、日常風景の一コマです。
早朝練習をしている生徒も、何十人もいます。もちろん指導者もいます。
さらに、清掃活動・草むしり・花の世話・校門での挨拶運動・駐輪場の整理・校舎巡回・交通指導など、何十人もの教員が活動しています。
勝負時は朝、という鉄則をわきまえている教 続きを読む…

寺子屋方式、と先回のブログに書き込みました。言葉足らずでしたので補います。
世界に誇る寺子屋方式とは、読み・書き・そろばん(四則計算) + 指導者の豊かな人格 で成り立っています。
松下村塾も適塾も、あれほどの短期間で偉人を輩出し続けた要因は、指導者(吉田松陰・緒方洪庵)の豊かな人格にあることは明らかです。
人格の中に、志しや世界観が含まれていることは言うまでもないことです。
松下村塾は、わずか3年の存続期間。にもかかわらず、陸続と排出された世の偉人たち。
適塾も、元の形としては存続期間は大変短い。しかし、同様に偉人の輩出を続けました。
書を読み、文を書き、計算ができる。
それらの勉強 続きを読む…

校内掲示プリントです。
内容は、夏休み中のボランティア活動希望者を募る、というものです。
仙台七夕まつり(日本一有名)時のボランティアを含めると、総勢百数十名が活動をします。
部活動とかけもち、進学講習とかけもち、レッスンとかけもち、自らを活かす本業とかけもちで、ボランティア活動を常盤木学園の多くの生徒はおこないます。
人の痛みや苦しみがわかる生徒でいっぱいです。
恒常的に、施設(児童館など)で、活躍している生徒も一人や二人ではありません。
日本一のサッカー部は、一ヶ月に一度、仙台駅の清掃活動にいそしみます。
毎朝、学校の周りの清掃活動に参加している生徒もいます。
この活動には、必ず教員 続きを読む…

勉強の基本は、読み・書き・そろばん(計算)。
計算は四則計算です。
この基本は、江戸時代の寺子屋や私塾でおこなわれていたものと、まったく同じです。
現代の中学生や高校生が完璧にこなしているのかと問われれば、NOとしか答えようがありません。
知らなければ損をする。
知らなければ自立できない、という基本事項の徹底を江戸時代に日本はすでに行っていたのですが、今はこの体たらく。
そこに現れたスターが、百ます計算と漢字検定です。
明らかに効果があり、苦手意識を払拭します。
一日わずかな努力で、パッと未来が拓かれていく、大した優れものです。
土曜日の研修会で、某有名校長も力説してみえた。
基本(読み 続きを読む…

東京で研修会です。
研修会といえば、上司は部下にこう聞きます「内容はどうだった?」。
内容を知りたければ自分で行けばいいことです。
いや、自分で行かなければダメです。
耳学問でわかったふりをし、現地現物主義を飛ばすとはもってのほかです。
必要であれば、知りたければ、自分で行かなければいけません。
私は、こんな質問をしたことがありません。
いつもこう聞きます「だれと出会った?どんな話しをしてきた?」
研修会参加メンバーと、研修会後にどれだけ知り合えて、どれだけ学ぶことができたのか、これが大事なことです。
教育関係の研修会だけではなく、企業研修や勉強会にも、よく参加します。
そして、研 続きを読む…
先日行われた高校総体の表彰式を兼ねての全校集会が開かれました。
常盤木学園では当たり前ですが、起立したままおこなわれました。
このような集会では、イスに座るか、起立したままか、どちらかです。
床に直接座ることなど、よほどのことがない限りありえません。
しかし、多くの学校というところでは、直接座らせています。
LADYやGENTLEMANを創らなければならない学校が、そんなことを平気でしています。
以前京都に住んでいたときに目撃しました。京都駅での集合では、全員通路に直接座っていました。
なぜ直接座らせるのでしょうか?そんな社会人はどこにいるのでしょうか?
校内はもちろん、下足のままで過ご 続きを読む…
夏に行われる漢字検定を受けます。そのための勉強を毎日少しずつしています。
今日は、何十日ぶりのOFF。
勉強の稼ぎ時です。
休みの日は毎日の復習の総決算!と言っている私は、有言実行です。
毎日毎日、その日の復習を必ず行う。
休日はそれらの総復習。
勉強の必勝法です。
長野式復習法を近日大公開!と書き込みながら、いまだできていなくて反省しています。
諸事情が複雑にからみあっています。
もうしばらくお待ちください。お急ぎの方もご勘弁。
問い合わせが多かったにもかかわらず、近日大公開としか今は言えません。
さて、毎日のほんの数十分の勉強がどこまで実ったのか、大変楽しみな今日でしたが、
結果は 続きを読む…
宮城県では、ここ数日間インターハイ予選が開かれています。
厳しい練習に耐え、技術と負けない心を培った選手の晴れ舞台です。
特に3年生にとっては、最後の大会となるものも多くいます。
私は「勝ちたいものは勝つ練習をし、楽しみたいものは楽しむ練習をすればいい」と言ってきました。
もちろん、指導者にもです。
文武両道を目論む常盤木学園では、部活動を奨励しています。
部活動は、最も人造りに適しているからです。
あまりに文武両道が難しいため、多くの学校は、それを投げ出しましたが、あきらめずずっとこの道を進んできました。
そして、これからもこの道を進み続けます。
先輩諸氏に敬服です。
さて、頑張ってい 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249