メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

第一回女子学講座のアンケート結果が出ました。
特に一年生の満足度が高く、一安心といったところです。
しかし、これで終わりではありません。
まだまだ続いていきます。
いくつものグループが準備を進めています。
私は、内容を完全に理解しているわけではありません。
粗原稿、リハーサルを通して、直前に把握します。
そこで、長野スパイスをパラパラっとふりかけます。
これでいいのです。
なぜなら、女子学は女子教員の手によるものでなければなりません。
男性は、あくまで黒子に徹します。
女性による、女子のための学問、それが女子学なのです。
男性と女性は違う生き物、と言っては過言でしょうか?
さて、私の手 続きを読む…

5月30日、女子学講座第一回が開かれました。マスコミ関係者が見守る中、あっという間の45分でした。
担当グループが用意周到臨んだテーマは「清潔感」でした。
男子高校生が最も求めているもの、それは「優しさ」と「清潔感」、言い換えれば、「心の清潔感」と「見た目の清潔感」です。
幸せに自立してもらいたい、と願っている私たちは、生徒に事実を伝える必要があります。
そして、そこから夢や希望に向かって、一歩踏み出していってもらいます。
そのきっかけの一つとしての女子学。大きな使命を背負った学問の旅立ちの日でした。
終わりにアンケートをとりました。集計結果を教員一同楽しみに待っています。
続きを読む…

「早く気づいたもの勝ち!」とは、まさしく箴言です。しかし、人はなかなか気づきません。
気づくために、私は手帳を活かしています。ブログ内の手帳活用法で紹介しました。
では、教員にはどうやって気づいてもらえばいいのでしょうか。
「気づけ」「気づきは大切」など、言い続けてもダメです。
行動させればいいことです。
方法は、報告書を活用させることです。
授業・行事・部活、なにかある毎に報告書を書いてもらいます。
本当にしょっちゅう書いてもらいます。効用は、 気づき です。
気づいてもらったら、背中をそっと押します。
改善のできあがりです。
写真は、卒業式の報告書です。
受付係をし 続きを読む…

今どこの学校でも、教育実習生であふれていることでしょう。
教師になりたい、という強い意志を持って臨むもの。
資格だけ取っておこう、という思いで臨むもの。両極端です。
しかし、どちらであっても大変役に立ってくれます。
生徒にではありません。先生たちに役立ってくれます。
代わりに授業をしてもらうからではなく、実習生を指導している時に、指導者側が伸びるのです。
よくわかっていても、点数に結びつかない生徒の指導に、この方法を取り入れます。
よくわかっている生徒が先生役になり、わかっていない生徒に教えます。
すると想定外の質問が出てきます。
よくわかっていたつもりが、実はわかっていなかったことに気 続きを読む…

不思議ワールドでの講演会の様子です。
北海道・東北地区の、私塾有力者の方々へ講演をしてきました。
そもそも、私塾の規模が大きくなったものが私立学校であり、根源的には私塾も私立学校も同じものです。
こういう人材を育てたいという強い意志や理念に基づいて、私財をなげうって創られたものが私塾や私立学校です。
共通点が多いため、発想・展開面での勉強会が意義を持ちます。
私が今回よばれたのも、そのためです。
講演内容は、教育力 + 営業力 + ベンチマークの3本柱で、それぞれについての私なりの活かし方を話しました。
営業力?学校に営業力?と聞かれそうですが、事実を伝えるためには営業力が必要です。 続きを読む…

北海道・東北地区私塾協会から講演の依頼を受け、青森県浅虫温泉に行きました。
シーズンではないためか、浅虫温泉駅で降りたのは、たった3人。
外は雨。
気分が沈んできました。
しかし、どんな状況でも依頼を着実にこなしてこそプロ!と自分に言い聞かせ、旅館に向かいました。
入るのをためらいました。
どう見ても千と千尋の神隠しの、湯場にしか見えません。
いつもの講演会場とは、あまりにかけ離れていました。
一歩足を踏み入れてさらにびっくり。棟方志功ワールドではありませんか。
世界的板画家(志功はこう書いています)である彼の作品が、ところせましと飾られています。
特にロビーの曼荼羅は圧巻。息を呑む 続きを読む…

 
評判のラーメン屋にやっと行けました。
従業員教育の行き届いていることに驚き。
駐車場にいる時点から接客が始まり、食べ終わって店を出るまでの満足度は、かって経験がないほどでした。繁盛店がいつまでも繁盛店である理由は、まさにこの一点ではないでしょうか。
味はもちろん、その他の付加価値をどう店につけていくのかが、店の命運を決めます。
このお店、これからも間違いなく繁盛し続けます。
教育者の私たちは、生徒に付加価値をつけていきます。
続きを読む…

出した時点で、もう秘密兵器ではありませんが、入手困難なので、やはり秘密兵器でしょうか。
魔法のシャープペンシルです。
どれだけ力強く書いても芯は折れません。
試した教員は、本体自体を折ってしまいました。そこまで芯は折れません。
しかも手に入りません。逸品です。
オープンスクールに来てくれる、中学生の皆さんにだけ差し上げます。
オープンスクールの記念品を、どうでもいいように考えている学校が多くあります。
カタログから選ぶ学校も多くあります。
せっかく来てくれたお客様に、大変失礼な態度です。
おもてなしの心に欠けています。
アンテナをはりめぐらせ、知恵を働かせ、やっと今回の品が決まりまし 続きを読む…

心に残る記憶と、頭に入れなおさなければならない記録があります。
仕事上は記憶より記録です。
もちろん生きていくうえでは、大切な記憶が優先します。
なにしろ、死ぬときに持っていくことのできるものは、記憶=思い出、しかありませんから。
松下幸之助氏、船井幸雄氏、稀代の名経営者の手帳を以前見て、わたしはそれをまねています。
見開きの左側には、その日の予定。
右側には、会った相手・内容・感想を書き込みます。
右側は、細かな字でびっしり埋まります。
私の一日の復習です。
この復習をすれば、見たい記録はすぐに取り出し可能。
さらに記憶にも残りやすいことを実体験しています。
7年間欠かさず続けて 続きを読む…
前回のブログベンチマーク活用法!!についての問い合わせが何件もきました。
主な質問は「ベンチマークってなんですか?」でした。
ベンチマークという言葉は元々はIT用語でしたが、今では目標という意味合いで使われています。
日産のカルロス・ゴーンさんが好んで使っていたことから、一般的に広く知られるようになりました。
例えで説明します。
私の学校では、国語の成果がどうにも上がらない。
        
国語教育で成果を上げている学校を探す
        
現地現物主義をつらぬき、そこを訪問し実体験する
        
方法を自校に持ち帰る
  
先ずは、徹底的の探すことから始めます。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249