メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧


第三回 授業見学会 も大盛況。
多くの方に来ていただけました。
ありがとうございました。
昨年比 一体 何倍までいくのだろうか?
次回が最後。
さて、今回の冒頭で、私は
教育の目的は、子どもの自立(夢や希望に向かって一歩踏み出すこと)で、ここではそれを促す。
勉強を継続しておこなう秘訣を伝授。
取手聖徳の二つの約束。(女子教育と学力の伸び)
この3点を話しました。
最後に、オープンスクールの案内をして終了。
オープンスクールは講演会同時開催です。
森上先生・宮田さん・陰山先生。藤原先生が、取手聖徳の教育に共感してくださってのお越しです。
ワクワク感一 続きを読む…

取手聖徳女子中学校・高等学校 パンフレット完成。
いい顔してるでしょう。
やっとできました。
昨年度までのパンフレットとの違いが多くて、時間がかかってしまいました。
一見の価値あり。
このパンフレットは、これまでの私の信念通り、事実しか書いてありません。
その事実とは
学力を大きく伸ばします!
女子教育を確実におこないます!
この二つが、取手聖徳のPRポイントです。
こんなすごい二つができる学校って、そうそうあるものではありません。
どうぞ、学校に請求してください。
PS. 今週土曜日は 第三回授業見学会です。
    すでに申し 続きを読む…

彼女一人の写真が、まだ未入手。
さて
高校3年生という年齢からは、かけ離れた物の見方、考え方ができる人物。
読書・出会い・教育
三位一体のなせる業。
根底には、好奇心旺盛が。
一時間の対談で、ずいぶん取手聖徳に興味が。
当日は、彼女にもしっかり見てもらう予定です。
もちろん、同世代から見た女子教育を語ってもらいます。
明るい未来に向かって、暗がりの中を突っ走っている潔さ。
こういう人に、教師になってもらいたい。
続きを読む…

朝日新聞本社にて、ミス日本グランプリの 宮田麻里乃さん と対談。
明日写真をアップします。
8月2日のオープンスクールに来てくれて、話しをしてもらいます。
何しろ品があり、聡明。
まっすぐに生きているカッコ良い女性。
この対談は、七月中旬の朝日新聞に。
両親が最高の教育者と強く感じました。
女子教育の必要性を再確認した対談。
彼女は、アッパレ女子でした。
続きを読む…

おたまじゃくしコンサート。
吹奏楽部の発表会。
雨の中、大勢の方に来ていただきました。
構成は、自己満足ではなく、あくまでお客様本位。
朝早くからおそくまでしっかり練習した成果が。
アッパレ!
昨日は、陸上部がインターハイ出場を決め、喜ばしい日となりましたが、
今日も、部活動の成果を目の当たりにし、学校の底力を感じました。
部活動は、 人を育てる!
続きを読む…

まだ充分でなかった自分自身を反省!
以前のブログで取り上げたこと以外に、工夫を凝らした授業がさらに。
「 校長先生! 私はこういう工夫を凝らしています。どうでしょうか? 」
こういう申し入れが、何人もの先生から。
すごい!!
導入時での工夫が特に。
すみません。
充分ではありませんでした。
謝らなければならないほどの、さまざまな工夫が。
目から、耳から、そして手を動かさせて。
もちろんインパクト強く。
次はどんな改善・工夫と出会えるのか。
ワクワク感満載の学校。
続きを読む…

種差の景色。
自然の芝生。
時間の余裕は、ここでの20分だけ。
帰りは雨の仙台を通過。
三年間慣れしたしんだ街。
かつての自宅がよくみえる。
東北新幹線発車の音楽は、悲しすぎる。
いつも ここで別れ ばかりだったからか。
時間が一番の妙薬。
続きを読む…

会食(給食)に参加できていません。
生徒・教員が一堂に会して食事をする。
ゆえに、会食。
それが楽しいのに・・・
この10日ほど、その時間に必ず来客か重要な電話が。
かなり遅れて、一人で食べる食事は、やはり味気ない。
会食の良さをしみじみと感じる。
明日は今のところ大丈夫。
やっと、楽しい会食に参加できそうです。
離れてみて、始めてわかる大切さ。
ドップリだと中々わかりません。
よし!明日。
続きを読む…

取手聖徳の礼法室。
京都の茶室・料亭のようです。
詳しい写真は、取手聖徳のHPで。
超一流。
ここでは礼法の実践授業がおこなわれます。
社会的評価の非常に高い、礼法授業。
私も受けています。
さらに
古文の授業もおこなわれます。
和歌の習得(古文の基礎)
インパクト充分!
異次元での古文授業。
タイムスリップ。
世界史の授業では、担当者がナポレオンの格好で教室に行きます。
インパクト充分!
インパクトの強さは、記憶持続と直結。
さすがの工夫。
これ以外にも工夫がたくさん。
これが、取手聖徳。
続きを読む…

大盛況の第二回授業見学会。
受験生諸君の期待の高さを、ひしひしと感じました。
昨年比数倍。
進路指導部長の話しは良かったなあ。
気づき と 継続。
私の教育観とぴったり一致。
満足度も異常なほど高く、後援会の皆さんと喜びを分かち合いました。
さて
祝600回!
これからも発信し続けます。
お楽しみに。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249