メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

英検表彰式
日本英語検定協会の表彰式に、来賓として招待されました。
前から2列目。
栄えあるご招待。
ほとんどが英語でおこなわれ、学生時代を思い出しました。
表彰式後は、懇親会。
乾杯は、和田中学の藤原校長と百マスの陰山先生。
掛け合い漫才のように、あっという間にみなの心をつかみ、一致団結の乾杯でした。
さすが一芸に秀でた方々。
藤原校長の授業は2回みました。
陰山先生の著作はよく読みます。
お2人の共通のコンダクターが、英検の重要人物。
かわいがっていただいています。
その方とは、1ヶ月もしないうちに、富山で講演をします。
全員共通の思い、それは日本の教育を何とか 続きを読む…
金華山の牡蠣
金華山の大粒な牡蠣です。
何もつけずに、クリーミーさを味わいます。
産地直送。
味は保証付き。
育てる人は大変でしょうが、いくつもをあっという間に。
何度食べても、何個食べても、言うことなしです。
育てた方、運んでくださった方、に感謝。
ありがとうございます。
充分に、海の恵みを味わいました。
続きを読む…

4月入学の新入生一堂に会しました。
新入生出校日です。
お互いに緊張します。
初対面ですから。
入学後もそれは続きます。
だからこう言います。
「 私も皆さんを知らない。皆さんも私を知らない。お互い知らないので、早急に判断しないでください 」
お互いわかってからの判断は当然ですが、わからないうちに決め付けてしまっては、お互いが不幸です。
時間は充分あります。
私たちがどんな人なのかを、じっくりと見定めてもらいたいものです。
HPでは、今日の詳しい様子が出ています。
ユニークな、そして効果的な演出もあります。
どうかそちらもご覧ください。
続きを読む…
世間では忘年会。
年度で動く学校は、忘年度会。
退職者の言葉。
今年度の反省。
新年度への抱負。
精神的柱の園長先生のお言葉。
学校に忘年会は不必要ではないでしょうか。
年度単位で動く学校は、忘年度会が適切ではないでしょうか。
常盤木学園では忘年度会です。
理事長先生の発案で定着しています。
今夜は退職される先生方への悲しみと、来年度への夢であふれていました。
明日から再スタートです。
良い事は引継ぎ
悪い事は反省し
PDCAサイクルを活用です。
忘年会で盛り上がる学校の皆さん。
忘年度会をお勧めします。
切り替えはお早めに。
続きを読む…
梅田スカイビル
さすが大阪!
遊び心満載のこのビル、真面目な人は怒るだろうなあ。
それはさておき、
梅田スカイビルにて講演をしてきました。
1時間半バージョンを利用したために、1時間では最後は走りに走り。
関西の大御所が、昨日よりズラリ勢ぞろい。
会話の内容が高レベル。
意気込みが違いました。
志も高い高い。
どこの世界でも、大御所は大御所。
伍して話すには、心してかからなければ。
終了後は大好きな社長と美人さんと、お好み焼きを食べました。
ほろ酔い気分での帰仙でした。
続きを読む…
助かりました。
大阪駅周辺で道に迷い、とんでもない方向に歩いていました。
約束の時間は迫ってくるし、ピンチ!
タクシーにのりました。基本料金でも、旅行者をいたわる会話。
あせっている私を落ち着かせてくれました。
一流の運転手さん!
無事時間内に到着。
印象抜群!
見習えばいいのに、あそこも。
明日は講演です。
温かさと思いやりをもらいました。
続きを読む…

終わりました、校長面談。
全教職員。
前向きな提言やら、企画やら、うれしい悲鳴です。
三分の一の法則なんて、常盤木学園には当てはまりません。
当てはまるのは、アリの世界とグループではないでしょうか。
明日・明後日は新たな出会いが。
楽しみですが、花粉症を何とかしなければ。
前回のような失態だけは避けたいです。
ワクワクする週末です。
続きを読む…

今から34年前、大学受験当日に花粉症が発症。
それ以降30年のお付き合い。
4年近く前にさようなら。
なぜか、今年復活。
昨夜はある人との会食。
とても大切な時間なのに、鼻水と思考能力停止状態に。
総理大臣になってもらいたいような人なのに、取り返しのつかない時間になってしまいました。
今朝から薬局に走り、目薬などを購入。
また、なが~いお付き合いかあ・・・
発症時は花粉症なんていう言葉は、ありませんでした。
最先端を走っていましたが、復活なんて 新たな最先端でしょうか?
続きを読む…
2008/03/19

幸せの共有


教員面談は今日もです。
金曜日は、事務方との面談日です。
師匠よりお言葉を頂戴しました。
頂戴したお言葉を大切にします。
教員面談の前に、小論文講習がありました。
およそ2時間。
宿題というおまけつき。
熱の入った2年生中心に行われているこの講習会、盛況です。
どの目も真剣。
2年生の受験は、すでにスタートしています。
あと少しで3年生ですから。
真剣な目が、わかった!という目になった瞬間が、私の幸せです。
生徒と幸せを共有できる仕事に就いていて、本当に幸せです。
続きを読む…

事情があり、しばらく疎遠になっていた○○。
ご縁復活で、資料が届きました。
その中に一冊の本が。
絶品!
こんなに伸びていたとは・・・
絶句。
付箋でいっぱいになりました。
元々、  感動  がテーマの私たちですが、急激な伸び具合に驚嘆しました。
さすが、K・N両氏。
いい仕事です。
勉強させていただきました。
コラボが楽しみです。
師匠へ。
森信三先生の教育不易部分は、本当に糧になっています。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249