メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧


勉強は順調ですか?
文化吸収はいかがですか?
さて、原稿が手元に届き、さまざまな相談をしなければなりません。
しかし、パソコンからも、携帯からも、連絡がとれません。
こちらから送信しても ・・・ 送信先のメールサーバーの事由により送信できませんでした ・・・ が返ってきます。
唯一の手段が、
この 学園ブログ なので、メディアジャパン様に甘えました。
アメリカ選挙一色。
日本は毒入りギョウザ一色。
本当は、格差社会と年金問題を解決しなければならないのに、ガソリンやギョウザに変わってしまいました。
もっといろいろなことを知って、本質を見極める目を磨かなければ。
生徒に伝えな 続きを読む…

学校が社会から通知表をもらう時期になってきました。
通知表 = 入学者数  です。
社会から、どう評価されているのか。
中学校や塾から、どう評価されているのか。
受験生や親御さんから、どう評価されているのか。
不安や心配の種はつきません。
しかし、終わってしまったことです。
なにしろ、在校生をどう育てたのか、の結果ですから。
そして、それを社会がどう評価してくれたか、の結果ですから。
一喜一憂しているヒマがあったら、目の前の生徒に全力を注ぐべきです。
それが来年度に結びつきます。
そして、自分自身の生き甲斐につながります。
続きを読む…

JFN全国38局ネットの番組、SKYに電話出演しました。
朝7:20から10分くらいでした。
内容は  女子学  について。
常盤木学園が女子教育の体現化として取り組んでいる女子学が、全国的に注目を集めています。
全国各地から問い合わせが頻繁です。
私たちは、常盤木学園の生徒のためにしています。
しかし、この学問は、日本教育への提言です。
これ以上女子教育をないがしろにしてはいけません。
女性の時代、女性の時代と、あちらこちらで言われながら、また女性の品格という本がベストセラーになりながら、教育面で女子教育は遅れています。
一気に挽回です。
女子教育の必要性を説き、普及を進 続きを読む…

常盤木学園高等学校の一般入学試験がおこなわれました。
早朝より、受験生が続々と入室します。
教室以外に、体育館を使用しなければならないほどです。
昨日は雪がちらついたので、今日の交通機関が心配でしたが、杞憂に終わりました。
道路の凍結もなく、スムーズにすすみました。
受験生の必死さは、教室をまわった私に伝わりました。
試験が終わった時、面接が終わった時、「 やったー! 」 と喜びの声をあげる受験生を何人も見ました。
真剣さの表れです。
この入学試験もそうでしたが、常盤木学園の在校生の活躍はアッパレでした。
彼女たちの存在の大きさを、またまた実感しました。
新入生アンケートで 続きを読む…
2008/02/03

当たり

護国神社の豆まきにいってきました。
福娘さんたちがまくのは、まめばかりではなく、牛タン・笹かまぼこ・萩の月など名産品もまくので、大変な人混みです。
二時半、始まりました。
押し合い。
運良く手にしたのは、小さな落花生の袋と福銭、萩の月一つ・・・
終わった時に放送がはいりました。
「 当たりの紙が入っていたら、お品を差し上げますので社務所へどうぞ 」
入っていました。
小さな落花生の袋に!
大きく運気が動く日に当たり!でした。
続きを読む…
編集者様
 L  主演俳優さんはもちろん、最近は美男美女に縁が深いみたいです。
昨日は東京から編集者の方をお迎えしましたが、会ってびっくり。
最初、俳優さん?と思いました。
午前中会った新聞記者さんもそうですが、見た目の良さと雰囲気の良さには驚かされます。
こちらがスーッと吸い込まれるような感じにはまいりました。
内面の充実、知的さ、というものは人をひきつけます。
会えて良かった!
今後に期待します。
またまた、大きな展開になりそうです。
さて、来週は全国ネットのラジオ出演があります。
5分から10分、女子学について話します。
ラジオ生出演は7回目ですが、全国放送は 続きを読む…

仙台経済新聞のすごさを、ここ数日実感しています。
販売数一の新聞社。
全国ネットのラジオ局。
名門週刊誌。
その他、各種メディア。
私に、女子学のことで連絡のあったところです。
「 どうしてお知りになったのですか? 」
「 仙台経済新聞を読みました 」
答えはすべて、こうでした。
 女子学 が、さらにメジャーになってきました。
常盤木学園が、ますますブランドになってきました。
来週は生出演です。
ありがとうございます、仙台経済新聞様。
教職員を代表して出演させていただきます。
みなの頑張りと、女子教育への思いを充分伝えます。
続きを読む…

年末年始に、久しぶりにおじいさんやおばあさんと会った生徒たちは、よくこう言います。
「 おじいちゃんやおばあちゃんの話はくどい。いつもいつも同じことを言う。何度も何度も 」
私はこう言います。
「 何度も同じことを言うのは、それがおじいさんやおばあさんが、これだけはして欲しい、これだけはして欲しくない、という事柄です。すなわち、おじいさんおばあさんの哲学です。長い間生きてきて体得した哲学です 」
「 キミはそれを実行するべきです。体得した哲学を、惜しげもなく披露してくれています。こんなありがたいことはない 」
「 キミに損をさせないための披露です。キミが損していいと思っていたら、決 続きを読む…

「 お父さんも、お母さんも、忙しい忙しいといって、私の話しを聞いてくれません 」
生徒が相談に来ました。
「 お父さんはどうして仕事をしているのでしょうか?雨の日も風の日も、病気でつらい時も。朝眠たくても、起きて会社に行くのは、なぜでしょうか?お母さんも同じです。決して怠けません。怠けて職を失ったら大変なことになります 」
「君のご両親だけではなく、ほとんどすべての親はそうしています。なぜだかわかりますか?君のためにそうしているのです。自分ひとりが生きていくためには、そこまでしなくても大丈夫。親としての義務を、愛情ゆえに果たしています 」
「 親は子どもが自立するまで、それを続けま 続きを読む…
ストラップ
中田監督(リング・L など)から、ストラップをいただきました。
監督の顔に似せた、L作成時の中田組用のストラップです。
監督は仙台に来ると、必ずこう言われるそうです。
「 仙台四郎に似てますね 」と。
仙台四郎とダルマの組み合わせ!
ダブルラッキー、と言ったところでしょうか。
これでさらにツキを呼び込めそうです。
ツキは本当に大切です。
お返しはもちろん、常盤木リカちゃんストラップでした。
続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234235236237238239240241242243244245246247248249