メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧


しばらくぶりです学園ブログ
現在は、ワタクシ・DPナカジマは北海道に住んでおります
石狩湾に面した、とある漁師町・ニシン漁で有名なところです
冬になるとそれはそれは素晴らしくも激しい寒さと雪世界
しかし、住む人々の心は純粋で温く癒される海田舎なのであります
そんな場所にアトリエを構え北海道の自然からヒントをもらいながら
マイライフ&デザインライフ&アーティストライフを過ごしております
目の前の海では年中波乗りが楽しめます
波乗りと言えば夏。。。いえいえ^^
なんと秋から春までが波乗りシーズン最高潮となります
吹雪の中でも元気にサーファーたちはワールドクラス級の上質な波を楽し 続きを読む…
2007/10/01

大切なもの


美しいもの再発見の時間
創作の時間
導かれる時間
石狩湾に沈む夕陽。。。
しかし夕陽は水平線に沈まず
はるか大陸の稜線に沈む
北の大地で感ずること見ること
知ることは己をもう一度目覚めさせてくれる
続きを読む…

しばらくしばらくしばらーく
これまでの時間。。。グッドラックしてた時間。。。
様々な発見と経験の場があった
「 志・KOKOROZASI 」がコンセプトとなり次の次元へと移った事実。。。
空白は本当に空白か???
それは、違うのさー。。。
とても面白い有意義な時間を過ごしてきたのだ
未来への展望も開けてきた
見えなかったものが見える見える。。。その中を今歩いている
信じられないことだ  うれしいことだ。。。
発した心=志=言葉>>>そのとおりに実行し
実現したことの多さと感動の数々。。。
とても忙しい毎日であった  たくさんの迷いも葛藤もあった。。。
。。。。。ここに 続きを読む…

☆ 「真のデザイナーへの道」の話 ☆
自分との闘い・苦闘・・・そして決闘!!

これに勝つか負けるか・・・。

ここに「偉大なる可能性への道」が開かれる。

「おいおい、まだ喜ぶな!」 ただ開かれただけである・・・。

ここからが勝負であり挑戦のはじまりなのだ。

人と同じ結果などありゃしね〜!

自分の持つ最大の武器を持って歩け!

しかし持つだけではダメである。
常に技(WAZA・GIJYUTSU)を磨き、

業(WAZA・NARIWAI)として発揮できる「上モノ」にしておくことだ。

「真のデザイナー」の道は奥が深く険しい・・・

腹ペコのまま進め! 満腹 続きを読む…
久しぶりのブログです。
しこたま貯めこんだのでそろそろ発しますか・・・
続きを読む…

「未来を信じて歩む」
「自信を持って歩む」
「この地球に感謝して歩む」
「尊き仲間に感謝して歩む」
・・・・・・多多・・・・・・
「ありったけの感謝で歩む」
「人」は「時代」で生きているように思いがちだが
そこんとこ、もっと大切なことがある。
それは、どんな時代も「世代」で生きてるってこと。
「時代」は変われど移れども・・・
全てを担ってるのは「世代」・「世代と世代」の継承・・・
だからやらなければならない。
今、頑張らなければならない。
生きた証を残すために、語られる為に・・・
その為にはよく考え、調べ、実行することにある。
続きを読む…
      いつもどう見てるか。
      いつもどう考えてるか。
      いつもどう歩いてるか。
      いつもどう接しているか。
      いつもどう食べているか。
      いつもどう答えてるか。
      いつもどう笑っているか。
      いつもどう鍛えてるか。
      いつもどう高めてるか。
      いつもどう楽しんでるか。
      いつも…どう・どう・どう・・・?
      
      しかし…これが結構〜重要なのである!
        とにかく自分次第なのである。
 






続きを読む…
 
      人間ってスゲ〜。スゲすぎる。
   
 






続きを読む…
  
    自分が感じてる度合いよりも・・・
    人(他人)の方が感じてる度合いが深いんだ。
    

続きを読む…
今は真っ只中を走ってる。そんでもって泳いでいる。
こんなときに思うことがいくつもある。
マラソン走り中に感じることにも似てる。
(こりゃ〜長いな〜・・・)
今までの中で最も苦しい難関レースのようだ。
きっとこの先は苦しいだろう・・・辛いだろう・・・
しかし目の当りにする景色が気を紛らわしてくれる。
まだまだ勉強不足のことはありますな・・・・・・実感である。
とにかくだ・・・つまずいても転ぶものか!
転んでしまっても先に進むんぞ!
この先のゴールはどうなってんだろう?
期待感で溢れてくる・・・(あ〜でも・・・くるひ〜〜・・・)
現実的に申すと・・・
この「マラソン」は 続きを読む…
ページ一覧: 12345