メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2009/04/22

27日(月)報道ステーション・松岡修造「NICU」OA

やっとグラスノスチ・・・

え^^^^^^^^^^WBCの盛り上がりで特集枠が埋まり、

ようやくOAに至ります。よっぽどの突発が無ければですけど。

大物政治家さんたち、急に辞めるなんていわないでくださいね。

 

横浜ベイスターズ村田修一選手の一人息子、閏哉(じゅんや)くんは

3年前、712gで生まれた超低出生体重児。

生まれたあとも腸に穴が開く「消化管穿孔」を起こし

出血が止まらず、生死の境をさ迷いました。

その小さな命を救ったのが

神奈川県立こども医療センターのNICU新生児集中治療室。

今回は、その現場を松岡修造さんが取材しました。

取材開始の1月下旬にちょうど生まれた

520gと700gの女の子の赤ちゃん。

出産時の生命の、そして障害の残る危険性、

予断を許さない頭蓋内出血の状態、

未熟児網膜症による失明の恐れ・・・

24時間看護で命を救い、いかに障害を残さずに

普通の生活が送れるようにするか・・・

今回は、静かに重くお送りします。

 

息子さんのことは村田選手のブログにも出てます。

なぜかオフィシャルが2つありまして

 

http://www.diamondblog.jp/shuichi_murata/

 

http://ameblo.jp/shuichi-murata/

 

手帳を見るとNICUでの最初の打ち合わせが1月6日。

結果、3ヵ月半の超大作となってしまい・・・

いや実は当初の予定では2月頭。

もうちょっと時間がほしいと延ばして3月中旬、それが下旬に延び、

WBCで突如1か月先に。

まあ、おかげで素材起こしも白マザー編集も原稿も一人で

じっくりやりすぎて最後は煮詰まって・・・

こんなペースで仕事することは金輪際ないでしょう。

慣れないことはやると体にきます。どうも調子が悪い。

 

豊島先生と赤ちゃんのご家族には大変お世話になりました。

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: