メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2005/03/12

知ってしまった儚さ

酒におぼれるわけでもなく、
酒が嫌いでもなく、
でも雰囲気は大事にしたい。
出来れば酒の知識は知っておいたほうが
ネタとして使えるから呑む。
しかも、酒は強いと思い込みながら、
明日があるので!と平気で言ってしまう。
とりあえず、話題の酒は飲んで見たいし、
単行本、雑誌等で醸造過程(履歴)をちょっとつまんで、
自慢が出来ると思った方々にはつまらない話を
書いて行きます。

旨い酒で酔っ払う幸せは?
酒=酔っ払い
酔っ払い=生ゴミ
生ゴミ=再生不可能!

これを人類は紀元前から行っている、
尊い酔っ払いの歴史であり飲酒文化なのであります。

しかし不味い酒で酔っ払う不幸は?
酒=泥酔
泥酔=へい獣(動物の死体)受付センター
052-238-1190(午前9時から午後2時まで)
だそうです。幸いにも私はお世話になった事がありませんが
どなたかお世話になった方がございましたら御一報下さい。

ここには酒の歴史も文化もありません。
少なくとも酔っ払いはゴミです。

皆様呑みすぎには注意しましょう。

酔っ払いの私が断言します!
0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: