メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2012/01/06

田舎から・・・

昨年、12月は身内に不幸があり・・・

そういう時は、周りのみんなの気持ちも大きく揺れて・・・

私も、少なからずのショックが後を引きました。

 

 

 

 

 

『心身一如』

“心が疲弊すると、身体も疲弊します。くれぐれもお大事になさってください。”と、私の大尊敬する先生から、優しいメールをいただきました。

 

本当にその通りで・・・やはり、心身共に辛い時期が続きました。

 

実家の母が心配して、久しぶりに“田舎の味”を届けてくれました。

父方の田舎から送られてきたものです。

干し柿やユズや豆餅・・・

 

 

 

 

 

干し柿は、素朴な懐かしい味。

豆餅は、ほのかに甘味があって、焼き立てをそのまま何もつけずにいただきます。

ユズは、湯船に浮かべ・・・お風呂全体に広がるすっきりした香りを胸いっぱいに吸い込みながら、ゆっくりと身体を温められました。

子供の頃の思い出も、一緒に帰ってきたようでした。

 

 

自然のものは、身体にも心にも優しい。

 

 

年の暮れ、お友達からいただいたお蕎麦も、蕎麦粉100%で・・・

あまり料理上手とは言えない私を、“作ってみよう”という気にさせてくれました。

新しいスタートのため。

 

どんな事がきっかけでも構わない。

少し心を解放してやって・・・身体をいたわってあげる。

そうして行けば、段々に、また、いつもの自分に戻れるでしょう。

 

 

 

        <白菜、にんじん、大根、しいたけのスープ・・・

                 カンガルーミートと一緒に♪>

 

しばらく、おざなりになっていた子供達のご飯作りも・・・

田舎の丸餅で、自分用のお雑煮を作る時、野菜スープをおすそ分け。

まなは、とっても喜んでくれました。

私の作るご飯が、あの子達にとって“ママの味”になってくれると良いなぁ。

 

一歩ずつ日常。

 

“田舎の味があるなんて、幸せなこと”と、小さな幸せを、今日はひとつ見つけられました。

 

 

 

Sweet hometown....

 

 

 

 

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: