メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2010/06/10

菅内閣~支持率はV字回復らしいですが・・・。

菅内閣が発足し、世論調査の結果、内閣支持率が61%まで上がったんだそうです。( ̄- ̄)シーン…

 

『強い経済』『強い財政』『強い社会保障』を一体として実現・・・するとのコトですが、どのように実現させるおつもりか?と私は問いたい。

これらを1つ1つを真剣に考えて見れば、同時にせ~の!で出来るモノではないコトがすぐにわかる。

 

共同通信社が8日~9日にかけて行った世論調査で、首相の『財政再建重視の方針』を評価した人は78.5%・消費税増税に肯定的だった人は57%。

皆さん、あまりに物わかりが良過ぎて、驚きます。

∑(`Д´)マヂデスカ!?

 

財政再建とは、わかりやすく言えば負債を減らすというコト。

世界的な大不況の今は、政府の税収増は見込めません。

税収増が見込めない以上、財政再建のためには、支出を抑えるしかありません。

しかしながら、子供手当てや高校までの授業料無償化は既に始まっています。

 

世論が消費税増税賛成の方向に傾いているのならば、消費税は増税されるかも知れません。

増税前の駆け込み需要などで、一時的には消費も伸びるであろうことが予測されますが・・・。

ここで最も大切なのは、その増税分を何に使うのか?ということです。

子供手当てなどのように大半が貯蓄に回ってしまう類のモノに充てられたら、何の経済効果も見込めません。

 

つい最近まで『乗数効果』の意味さえご存じなかった菅さんですから、取り敢えず税収が確保でき、一瞬でも負債が減らせれば、後のコトはどうでも良いのかも知れません。

 

増税しても経済成長につながらないのであれば、日本経済は衰退の一途です。

 

経済も政治も素人の集団に国の舵取りを任せてしまったのですから、当然と言えば当然ですね。

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: