メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2010/07/08

『日本がギリシャのように財政破綻する』という自論をお持ちの菅さんへ

7月6日(火)中日新聞朝刊の民主党の全面広告を見て、非常に不快感を抱いた。

何故って?一国の首相である菅 直人氏が日本国民に間違ったメッセージを送っていたからだ。

『ハイ 菅 直人がお答えします。』というタイトルのQ&A方式の広告のコトです。

 

例えば・・・

 

Q.日本の900兆円にもなるという借金って、やっぱり深刻なんですよね。

 

A.『財政再建は待ったなし』

 

そのとおりです。日本のような経済大国が財政破綻をしたら、その影響は今のギリシャの比ではありません。

世界に大津波を起こす大変な『災害』になりうるリスク要因です。

だからこそ、自力で財政を再建させること。持続可能な社会保障制度を維持するためにも、私は消費税を含む税制の抜本的改革を目指し、超党派での協議を呼びかけています。

税金を上げる話なんてとても辛くていやですが、さりとてこれ以上、借金を重ねるのもいやだと思っています。私はそのことを正直に、国民の皆さんに投げかけさせていただきました。

 

以上

 

菅さんは、つい先日も『日本全体の借金は間もなく900兆円』とか発言しており、それに関して、私は『それは日本政府の借金です!』とツイッターでツッコミを入れさせて頂きました。

 

菅さんという人・・・経済に関する知識がお粗末過ぎ、正直、『世界第二位の経済大国・日本の首相がこれではちょっと・・・』というレベルです。

(あ~!その点、麻生さん&故・中川さんは優秀だったなぁ・・・。)

 

はっきり言っておきますが、日本はギリシャのように財政破綻することはありません。

何故ならば、日本は世界最大の対外純資産国であり、経常収支黒字国。

(借金も世界一ですが、資産も世界一なのです)

日本の国債を買っている人は、日本の機関投資家・個人投資家・年金などが全体の94%・6%が外国人投資家で、尚且つ、通貨は円です。

片やギリシャは経常収支赤字国(09年の経常収支赤字:337億ドル)でギリシャ政府の負債の債権者は70%が外国(主にドイツ・フランスの機関投資家)です。

 

これだけ明確な条件の違いがあるのに、『日本のような経済大国が破綻したら・・・』という言葉が出ること自体、あまりの無知さに恥ずかしくて卒倒しそうです。

日本の首相が国民を脅してどうする?と怒りすら覚えます。

いざとなったら日本政府の100%子会社である日銀が円を刷ることだって出来ます。

こういうコトを言うと、必ず『インフレになる』と騒ぐ人がいますが、深刻なデフレ経済下にある日本はデフレを脱するまでインフレの心配をする必要はありません。

何をどうしたら、日本がデフォルトするのか?そのスキームをじっくりお聞きしたいものです。

もちろん、今の民主党政権のように経済成長戦略が全く無く、安易なバラマキばかりしていたら、いつか破綻するでしょう。

その解決策が増税ですか?

言っときますが、ギリシャの消費税率は20%ですよ。

・・・ってコトは消費税増税しても、あんまり意味が無いってことなんじゃないでしょうか?

ギリシャは、外国から借金して放漫経営を続けてたから現在のような状況になったのです。

年金は、現役の頃の90%という高額で、58歳から支給開始。公務員の手当ては月収の3ヶ月分・・・これを外国からの借金で賄っていたのです。

そりゃ、破綻しますでしょ?!

 

菅さんは増税派の財務省に洗脳されているとしか思えません。

これだけ需要が低迷している時に増税したら、状況は更に悪化します。

しかも事業仕分けでどんどん予算が削られていっております。

それってGDPも削減されているということです。

削ったお金で効果的に経済成長を生み出すことをやればまだいいんでしょうけれど、子供手当てのように『消費されないバラマキ』に使われたらマイナス成長は決定的です。

そうなると税収が減り、財源確保のために国債発行・・・。

財政健全化は遠のく一方です。

 

経済成長こそがすべての解決策だと思いませんか?

 

経済成長戦略の全く無い民主党独裁政権が続けば、ホントに日本経済は最悪のところまで行くかも知れません。

2 コメント
コメント一覧
  • 1

    小さな個人商店の立場として、
    「増税」
    と言う新首相の言葉を聞いた時には、
    なにかとても不穏なものを感じました。
    それは店頭にに立っていての直感で、
    言葉で説明できるものではなかったのですが、
    柴田さんのご説明を読ませていただき、
    そういうことだったのか!と納得できました。

    どこの家庭も、
    十分でない収入でなんとかやり繰りをしています。
    ご機嫌取りのためにバラ撒いては、
    (このやり方も失礼な話ですが。)
    「足りないからもっと出せ!」
    というのは、放蕩息子並み。
    勉強してきちんとした政策を示して欲しいですね。

    by: ピコットです!, on 2010/07/09
  • 2

    >ピコットさま

    コメント有難うございます♪^^

    月額1万や2万の手当てを貰ったところで消費意欲が掻き立てられるとは思えませんよね?
    それが『こども手当て』という名前であれば将来の進学のために・・・と子供名義の貯蓄に回すのが親心です。
    緊急経済対策にも少子化対策にもならない手当てには何の意味もありません。
    1万や2万貰うならば、国民にとっては雇用が安定し景気が上向いて給料が増える方が、安心感があります。

    日本政府は世界最低金利で資金調達が出来る状況。(国債金利が世界最低だから)
    このチャンスを活かし、近い将来、必ずやらねばならないインフラ整備(橋・道路・トンネルのメンテナンスや新たな交通網の開発など)を前倒しでやるべきです。
    それが雇用対策・経済対策・デフレ脱却へとつながって行くと確信します。

    by: FP芝田, on 2010/07/09
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: