メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2009/05/28

☆スタッフ紹介☆

 

こんばんは、asaです。今日は、改めまして、当スピ塾の講師・スタッフを紹介します!

 

 

☆はなえ先生☆

知る人ぞ知る、私の実妹。もう33年の付き合いなので、たいていのことは知っている(と思う)。

他では言えないことも言い合える飲み友でもあります。

 

私の妹だからスピ塾の講師になったと思ってる方もいるかもしれませんが、そうではありません。

彼女は、私がまだ講師になるなんて思いもしなかった一生徒だった頃の、同じ話し方教室の仲間なのです。

 

私が講師になり、スピ塾を立ち上げたときも、彼女はまだ一受講生でした。

 

以前の話し方教室時代から、授業や発表会を休んだことはなく、人前に対して常にストイック、どの生徒さんよりも早く原稿を準備し、誰よりも練習していました。

 

そんなところを買ってのアシスタント昇格。 アシ就任時の記事もどうぞご覧ください!

 

 

昔から顔も性格も似てませんが、、何事にも動じないところはちょっと似ているかな。

 

実はスタッフの中で一番年下ですが、その歳で言うべきことをはっきり言えるところは、実に講師向きだと思っております。

 

また、仕事が速く、うっかりミスもまずありません。

それは、指示をするとちゃんとメモを取っているから。すぐに取り掛かるから。

 

そんなところも生徒時代から変わってないですね。

 

 

 

 

☆杉山アシ☆

ノンアル時は物静かだし、おとなしそうに見えるけど、性格はさっぱりとした男前。

 

歳が近いこともあって、二人で飲みながらコイバナもするほどの仲。(最長5時間だっけ?)

比較的お笑いにも精通し、話も合うので、授業が終わればよき友人です♪

 

授業では隅々までよく気がつくし、10数年のOL経験から得た事務処理能力はピカ1。(今も現役OLです☆)
スピ塾のアイデアウーマンでもあります。
 
頭の回転や勘が良く、「私、どぉしたらいいですかぁ?」なんてことは一切なく、自ら気がついてサクサクこなしてくれます。
 
その中でもいつもスゴイなって思うのは、舞台でのスタンドマイクの位置を一発で覚えること!(やっぱ男脳。)
おかげでフェスの進行はいつもスムーズ。感謝です!!
 
女らしい気配りと癒し系の見た目、でも性格と脳は男前、非常にバランスの良い女性です。
 
※アシスタントになりたての杉足のリレートークもご覧ください!
 
 
 

☆高井アシ☆

昼間はアシスタント、夜はホスト(?)という変わった肩書きの持ち主。

 

唯一の男性スタッフですが、一番女らしい。気配り上手。

4人で飲みに行くと、お料理を取り分けてくれるのは彼ですから!

(真っ先にタクシーとめに走るのも彼です・・笑)

 

「同じ部屋にいても、(お互いに)ヘンな気を起こすことは絶対にないから」

それが彼を起用した理由。とか?

 

まあ、それもあるけど(あるんかい)、皆さんご存知のとおり、老若男女誰とでも分け隔てなく仲良くなれるのは特技ですね。

昔から、彼の周りにはいつも笑い声があります。

 

生徒時代から、スピ塾一気配り王は不動ですね!(ホストなだけに)

 

仕事柄、授業やフェスには不眠不休での参加なんですよ。本当に感謝です!

 

 

※これまた初々しい生徒時代の高アシのリレートークもご覧ください!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
共通しているのは、いずれも元あがり症で、元塾生です。
 
 
高アシは、生徒として入会したその日にフェスの案内をしたところ、「出ます!」と即答した。
 
杉アシは、生徒として入会してすぐのフェスで「スピーチやってみませんか?」と声をかけたところ、「やります!」と即答した。
 
はなえ先生は、生徒時代に授業やフェスを休んだことは一度もない。
 
今でも、当時の3人のことを鮮やかに覚えています。
 
 
 
私の元には、「講師募集はしていませんか?」「インストラクター養成コースはありませんか?」「弟子にしてください!」というお問い合わせをプロの方からもいただきます。
 
ありがたいことですが、すべてお断りしています。
 
「インストラクター養成コース」と称して、一定のカリキュラムを用意し、高い授業料や検定料を取って講師を養成しているところもありますが、そういうことをする気はまったくありません。
 
人を教えるのにマニュアルはないし、資格より大切なことがあると思うから。
 
あがりに苦しみ、それを克服した者にしか、生徒さんの悩みは理解できないし、それを克服する方法は教えられないと考えているから。
 
元あがり症であること、これがスピ塾講師の第一条件です。
 
 
そして、「やります!」「いきましょう!」と即答できること。
講師が迷っていたら、生徒さんたちが自信を持って学べない。
 
 
さらに、素直でストレートな自己開示ができること。
でないと、生徒さんたちが安心して心を開けない。
講師と生徒さんの間に信頼関係がなければ、いい授業はできません。
 
  
そして何より大事なのは、克服しても、指導する立場になってもなお、新人生徒の頃の気持ちを忘れないでいられるかということ。
 
実はこれが一番難しい。
 
生徒さんの中にも、プロ並みに上手な人はいっぱいいる。 
話し方は勉強すれば誰でも上手くなれる。

あがりもそのうち克服してしまい、人前がそれほど苦でなくなる。

 
「もう上手くなったからいいです」 「今回のフェスはいいです」
 
それはそれで講師としてはうれしいことだけど、みんながみんなそう言い出したら、スピ塾やフェスは成り立たない。
 
人前で練習する機会があったからこそ克服できたことや、助けてくれた先輩塾生の存在、自分があがりで苦しんでいたことさえ、忘れてしまう。
 
 
長くやっていると失ってしまいがちなモノを、彼らは持ち続けていました。
それが決定打です。
 
(スピ塾の母・うたちゃんやN先輩など信頼するベテ生の皆さんもそうです!感謝!!)
 
  

 

以上、asaから見た「スピ塾のスタッフはこんな人☆」でした。  

 

 
5 コメント
コメント一覧
  • 1

    待望のスタッフ紹介、ええ写真が使われてますね。

    私の長所としてあげて下ったところは全てasa先生にも共通ですよね。それはDNAというよりは先生の話し方に対する姿勢や想いを近くで拝見して、身につけた賜物なのだと思います。

    私も以前はウジウジしたところもあり、即決することがなかなかできませんでした。ふたりのアシの即決ぶりに勉強させて頂きました。そして人前の尊さを忘れない、ベ生にはいつも頭が下がります。

    by: はなえ, on 2009/05/29
  • 2

    はなえ先生、杉足さん、高足さんの写真、
    そして、4人そろった写真もとってもステキです。

    そして、とってもいい記事ですね。
    読んでいて、じ~んときてしまいました。

    共有・共感できる人たちの存在があるからこそ、
    アガリでうまくいかなかった苦しみや、
    練習過程の悩みは小さくできるし、
    フェスでやりきった喜びは大きくできるんですよね!

    そうなんです。
    一緒に学んでた塾生さんが少なくなっていくのは、
    私にとっても、とてもさみしいことなんです・・・

    だからこそ、共有・共感の気持ちを大切にして、
    私は、通い続けていきたいと思います。

    by: うた, on 2009/05/30
  • 3

    >はなえ
    はい、待望です~ 
    随分前から書いてましたから。
    最近ネタが多すぎて、やっとアップできました。

    M井プロとS井さんによる写真、いいよねー
    何やってもデキル人はデキルね。

    間違いなくDNAではないね。
    だったら二人とも引っ込み思案のまま終わってたもんね。
    私ははなえに比べて、ついうっかりが多いので、今後もフォローをお願いしまーす。

    ウジウジ?どこが!?
    即決、ぶった斬りしか見たことない。

    >うたちゃん
    ジーンきた?ありがと~
    うたちゃんはもはやスピ塾ファミリーですから。(母だけに)

    よく「頑張り屋さん3(4?)姉妹」なんて言ってたよね。
    今まさに頑張ってるアシ・べ生ばかりだよね!

    ひとつのことを続けるのは尊いことです。
    人、絆、経験、喜び・・・そこから得るものは、人生において最も大切な宝物です。
    うたちゃん、ますます素敵な女性になるね♪

    by: asa, on 2009/05/30
  • 4

    久しぶりに先生のblogを拝見させていただいたら、こんな素敵なスタッフ紹介をナイスな写真付きでしていただいて、ありがとうございます。

    スピーチ塾で、学んだことはアガリに関することはもちろんですが、人として、男(女)として、べ生として、こうあるべき姿勢や考え方など大切なことをいろいろ教えていただきました。

    こうしてアシスタントとして貴重な経験をさせていただいて、asa先生はじめ、スピーチ塾にはホント感謝の気持ちで、足をむけて寝ることができません。

    夜はホスト!かっこいいですね。それでお願いします。

    あっ、それと入会した日を覚えててくださって、重ねてありがとうございます。これは僕には絶対マネできない先生の特技だと、思います。

    by: タカアシ, on 2009/06/01
  • 5

    >高アシ
    久しぶりて、おいっ。

    男として、女として、ますます磨きがかかってきた高アシ、今後どんな風になっていくのか、楽しみですね。(いろんな意味で)

    >夜はホスト
    ほんとにそうだと思う人もいるみたいだから、ブログって怖いですよ。書いといてナンですが。

    覚えてますがな~
    チャック全開は知りませんでしたが。
    それが今やトラ全開。
    変わってないですね。
    ずっとそのままで。

    by: asa, on 2009/06/03
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: