メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

家のごく近所でロケをやっていました。
ひろーい通りを隔てた向こう側から、宮本っちゃん(知り合いではないのに、ナレナレで申し訳)のよく通る声。
プロの発声、テンションってすごいなぁ。
ぴーかんのロケに遭遇するのは、これで4回目。
うち1回は出てます。
2005.1.12記事
塾生はぜひ、その翌日の「インタビュー」という記事も見てくださいね。
あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾
【スピ塾生へ事務連絡】
>2/11(祝)のレッスンに車でいらっしゃる方
申し訳ありませんが、この日は地下Pではなくお近くのコインPをご利用ください。
続きを読む…
そして、産まれました!!
元気な男の子デス♪
おめでと~!!! 
けんさん&よっすぃ~(結婚前の初々しい姿をどーぞ)
どっちに似てもイケメンだわぁ。
また洗礼させてもらお。
かんちゃん(洗礼中)もお兄ちゃんなのですね☆
すごく喜んでいたそうですよ。
けんパパからのうれしいメール報告でした!!
あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾
続きを読む…
むしろ抱きたい、毎晩でも。
以前は足元に入れていましたが、今は仙骨(お尻の上部)あたりに。
その方があったまります。
冷え性の人にはオススメ!!
続きを読む…
前回の桜で挨拶の練習をされた生徒さんから、メールがありました!
退職の挨拶は残念ながらできなかったそうですが(残念って思うところがスピ流)、新職場で自己紹介をされたそうです。
「落ち着いて、伝えることができました。
思ったよりも、ドキドキが軽かったように思います。
足の震えも無く、大丈夫だと感じました。
先生と教室の皆さんと、練習したことが発揮できたと思います。
皆さんに感謝です」
良かったです~♪♪
輪になってくれた生徒さんたちに感謝!!!
あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾
続きを読む…
今日は、神戸&大阪へ出張でした♪
授業では、「ためしてガッテン」で放送された「高所恐怖症」のメカニズムを使って、あがりのお話を。
※詳しくはこちらを同番組ホームページ
そう、まったく同じなんです。
あがり症も恐怖症の一種ですからね。
「シロクマ実験」は、よくうちの教室ではレモンや梅干に例えてます。
酸っぱいものを想像するだけでよだれが出る、いわゆる条件反射ですが、その言葉をイメージした瞬間にカラダが反応する、わかりやすい例だと思います。
だから、「怖くない!」「あがらない!」と考えるのは、逆効果なんですねー。
「怖いままで逃げ出してしまうと、ますます悪化してし 続きを読む…
インタビュアーに対して、
「ありがとうございます」
「そう言っていただけるとうれしいです」
残念な結果でしたし、何度も同じ質問をされてウンザリでしょうが、実に爽やかですね~
(顔は好みがあるので人それぞれでしょうが)
本当に一流の選手は、受け答えも一流だと思います。
スピ生はそういうところもチェックしてくださいね!
ちなみに私は男の子だったら名前が「大輔」だったとか。
スポーツ選手になってたかもなぁ
あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾
R35は腐る・・・
若いときは35とか40ってオバチャンに思えるんだよね。
自分がその歳になったときにわかるんだ。
続きを読む…
退職のご挨拶の練習ですが、スピーチを聞いていて本当に泣いてしまう方アリ
それだけ気持ちが言葉に乗っていたってことでしょう♪
スピーチした生徒さんは、
「練習させていただいたおかげで、本番のイメージができました♪」
とすがすがしい表情で言ってくださいましたが、
練習でこれだけリアルだと、経験があるのと同じことですもんね。
何もしないより数倍あがりが少ないでしょう☆
昨日の名言・・・スピ塾のダイゴミはフェス、フェスのダイゴミはパフォ
(by入会以来8フェス8パフォで10割バッターの市毛)
ということで、今日、次の会場へ行ってきました。
昔の同僚を2名発見。(場所のヒントです) 続きを読む…
《カリスマ包茎医師「練習したけど」ソバ食い会見の顛末》
(タイトルはニュースのコピペです、念のため)
小さなことだから、問題なのである。
すする音にさえムシズが走るってワケで。
こういう経験、みんなあるんじゃないかな。
最初はいいと思っても、ちょっとした仕草やしゃべり方が許せない・・・
収入が少ないとか、背が小さいとか、顔がタイプじゃないってことよりひょっとしたら乗り越えられない壁かも。
そもそも、他人の知名度を利用する、まさに人のふんどしで相撲を取ろうとする(朝青龍だけに~)ところや、
ああいう形で報道陣を集め、実際パフォーマンスするならまだしも結局食べないのかよーっていう 続きを読む…
by白鵬 (遅。)
かっこいいっすね。
緊張は集中力を高めてくれますし、決して悪いことばかりじゃないんですよね。
昨日、過去記事を読み返してたら、バヤ氏の初々しい姿を発見。
2004.12.16の記事をぜひ参照
そういや、(もう誰も信じないと思いますが)入会当初は常に前かがみ気味で、人前に立っても伏目がちで表情も硬かった。
それが今や、スマイル0円でぇ~す!!!
我ながらスゴイわ、スピ塾。
あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾
続きを読む…
教室で何気なくブログの話をしていたら、ある生徒さんが、
「私、先生の記事をプリントアウトして持ち歩いてるんです」
と、カバンから出してくださいました。
おーっ、こ、これは・・・2005年の記事!?
こんな古い記事まで遡って読んでくださっていたのですね!
しかも、蛍光ペンでマークまでしてあるじゃないっすか!!!
これはうれしかったですね・・・
しかし、そんな話は初耳。
ご自分からアピールしないところがニクイですな。
2004年に前身の日記をはじめて3年半、1日も欠かさず書いてきましたし、
書くことが辛い、やめようと思ったことは一度たりともありませんが、
好きでやってきた 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226