メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

向井理はアウトオブ眼中(20年ぶり)のasaです、こんばんは。
(同じドSならシタランティーノがいいわ。)
そういえば、メイクポーチも替えました。
10年以上使っていて、中がギットギトだったので、
こちらに。
お財布と同じゴールドは、あたしのラッキーカラー☆
とかじゃなくて。たまたま。
なんせ、アテニアのトライアルセットに付いてるポーチですから。
存外、使い勝手がヨイのです。
なんか最近ブログっぽくない?
続きを読む…
お財布が壊れたので、買い替えました。
前のは何年使っていたでしょうか。
車もケータイも、壊れないと替えないタイプです。
稼ぐ人はウンヌン関係なく、出し入れがしやすいのでずっと長財布派。
でも、役所に勤めていた頃は二つ折派でした。
制服のポケットに財布を入れてランチに行くことが多かったからなのですが。
・・・制服着てたんだよねぇ。なんだか寒気がします。
髪型とリップがバブル
※イジってませんが?
続きを読む…

フェス前につき、ほぼ毎週打ち合わせ
あくまで会議
続きを読む…
先週、体験レッスンを受講された方の感想を掲載させていただきます!
スピーチ塾の体験レッスンは、見学ではなく、あくまでレッスンです。
私たち講師は、現塾生以上に力を入れてレッスンさせていただきます。
たとえ体験レッスンでも、短い時間でも、効果を出すべく。
あがり症は本当につらい。苦しい。
それを一番知っているのは、他の誰でもない、私たちだから。
お会いできたご縁に感謝するとともに、
ひとりでも多くの方がその悩みから解放され、
輝く未来に向かって歩き出されることを願いながら、レッスンしています。
あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾
ただいま、関西方面の講 続きを読む…
2011/05/30

ハトと対峙


むむ!
逃げろ~
でも気になる
やっぱ怖い~
続きを読む…
今日は地元ナゴヤでレッスン
台風接近中にも関わらず、欠席ゼロ~
体験・入会の方が6名!
高山から2時間かけて来てくださった方もいらっしゃいました
フェス練は4組!
今回、練習ではじめて泣かされました
どなたの出し物かは、ご想像にお任せします
(ヒント:やっぱ大トリだわ!と私の中で確定いたしました)
あがラップ
あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾
帰りも大雨でしたけど、皆さん大丈夫でしたか
続きを読む…
2011/05/28

背筋凍る日

本日は京都day.
修学旅行シーズンなのか?学生の団体がアチコチに。
行きも帰りも新幹線が混んでました
レッスンは、震えない声、タコショ、あがりのメカニズム等、盛りだくさんの内容で!
京都教室は現在キャンセル待ちが29名!
(29と聞いて「諦めます・・」という方もいるので、実際はもっと多いらしい)
all京都で最も人気のクラスだとか・・・
今いる受講生の方も、1年以上待ってくださっていた方がたくさんいらっしゃるので、
「やっと会えましたね!」という気持ちでレッスンしています。
あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾
スタッフいわく「背筋がゾッとする状況」ですが・・・
続きを読む…

『ダ・ヴィンチ』6月号より
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110526-00000301-davinci-ent
「最初は こんなこと人前ではずかしくてできないって思っていたはずが、あれっ?みたいな(笑)」
 
「自分が本音でしゃべりだしたら、相手も受け止めてくれて、そうするとこんなに楽なんだって今更ながら思いました」
 
話すこと=放すこと。
放せば放すほど、楽になれます。
時には自尊心という鎧を脱ぎ捨て、自分を解放してあげましょう
あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾
続きを読む…
今日はシャチョーと主婦の集まり、魅惑の平日午前クラスです♪
まぁ、普通に若い男女もいますけどね
普通の青年のひとり、京都から新幹線で通い、発表の練習をしているTクンが、
「だいぶ楽になりました。
いつもなら想像するだけで苦しいけど、今は普通に飲みにも行けます!」
と言ってくれましたわかるわぁ~
本番までの長~い時間をどういう気分で過ごすのか。
これによって人生は大きく変わりますよね。
お守りとして、『やさしくあがりを治す本』もゲット!
絶対成功するで
いい大人の皆さんのフェス練は、男子校の文化祭のようなノリで。
プライベートも一緒にゴルフに行くほど仲良しなモニ生の発表は、
チーム 続きを読む…

今日の思いつきレッスンは、「原稿読み」。
フリースピーチは、ある意味逃げることができる。
吃音症の人は、言いにくい言葉を避けてしまうし、
あがり症の人は、言うべきことが途中でも、震えてきたら自主的に終わらせてしまう。
中学の本読みで発症した私は、役人時代、読み合わせは1行が限界だったが、話し方教室に入ってすぐの発表会での出し物が朗読だったおかげで、これを克服した。
フェスに出る人は、そうやって克服できるけど、そうでない人は・・・
いつも考えている。
今日やった「決まった原稿を読むときのあがり解消レッスン」は、そんな私のこだわりです。
あがり克服法、それは「逃げ道を作らないこと」 続きを読む…
ページ一覧: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174175176177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200201202203204205206207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226