メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧


今日は、来年の講演のオファーが2件ありました。
いずれもお仕事では初めて伺う土地なので、すっごく楽しみ
決め手はやはり、担当者さんの感じがヨイ、そして美人(想像)だということ。
ダンゼン勤労意欲が湧きますから。
あ、誤解のないように。
美人というのは、造作のことではありません。
声の印象で、姿勢とか、表情とか、たいていのことはわかるものです。
感じがヨイというのもあくまでメールと電話だけなのですが、まあ、だいたいはFirst Mailでわかりますね。
(若干上からでご了承。)
先ほど、NHKで就職難についてやっていましたが、正直、景気が良かろうが悪かろうか、欲しい人材はどこの会社 続きを読む…

2歳の娘は、人形を「おうちに入れてあげない」と言って放り出したり、意地悪な言葉を言ったりします。
会話は意地悪な内容ばかりで、私は嫌気がさし、イライラします。どうすれば?
とある育児相談コーナーに寄せられた悩み。
最後の1行で、すべての原因がわかっちゃいますね・・・。自分の子供に嫌気て。
その意地悪な言葉を、2歳の子がどこで覚えてくるというのでしょうか。
まさに、子供は自分を映す鏡ですね。
あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾
続きを読む…

タイトルに深意はありませんが。
エチカの鏡で紹介されていた、「好感度UPマル秘術」。
全国ネットでやってる時点でマル秘でも何でもないわけですが、好感度を上げる声づくりとしてミスユニバ姉さんたちがやっていた方法は、スピーチ塾でも取り入れているトレーニング。
まずは、ドッグブレス。
ハッハッハッとお腹から声を出す方法です。
これは見た目以上にキツイ。
そして、年齢とともに退化しやすい、舌のトレーニング。
これも正しく動かすのは難しいものです。
声は「世界にひとつだけの楽器」。
磨けるのは自分だけなので、しっかりメンテナンスしてあげましょ。
あがり症・話しベタさんのためのス 続きを読む…
という本が出ています。
なかなか人には言えないけど、こういう悩みを持っていらっしゃる方は結構いると思います。
話がつなげない、広げられないと、職場でも異性とでも上手くいかないですから。
特に宴会の増えるこの時期、話しベタさんには辛い季節でもありますね。
以下、アマゾンのレビューより抜粋。
・会話には「話す力」よりも相手の気持ちを「慮る力」が必要。
・どんなに些細な会話でも,人はあなたの「気持ち」を知りたがっている。
・会話で大事なのは,「お互いがどんな人かわかる」ように話したり聞いたりすること。
・「話す力」は「自分の気持ち」をキャッチする力と密接に結びついている。まず「自 続きを読む…

NHK「めざせ!会社の星」で放送された、『勝間和代に学べ!実践プレゼン術』。
勝間さんもかつてはプレゼンが苦手だったそうで、鏡に向かって練習したり、しゃべりを録音するなどしていたそうです。
プレゼン上達の秘訣は、とにかく基礎練習!とおっしゃってました。
説得力ありますね
あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾
続きを読む…

先日、美容院にて。
隣のシャンプー台での会話が耳に入る。





美容師♀:お仕事、何されてるんですかぁ?
客♂:薬屋。
美容師♀:へぇ。あたし、バファリンとかよく飲むんですよぉ。
客♂:じゃぁ、バファリンの話しようか。あれはアスピリンの・・・・ウンヌンカンヌン。





美容師♀:アメリカって何党なんですかぁ?
客♂:民主党と共和党。
美容師♀:すご~い。もしかして常識?
客♂:常識。
美容師♀:なんかぁ、共産党?公明党?ってよさげじゃないですかぁ。
客♂:いるんだよね、マニフェスト読まずにそういうこと言う人。
なん 続きを読む…

オバマ氏には、3人のスピーチライターがいるそうです。
その主任ライターであるジョン・ファブロー氏は、弱冠27歳!!
(他の二人も若いですが)
まだ無名の地方議員で、演説のリハーサルをしていたオバマ氏に、
「重複する部分を削った方がいい」
とアドバイスしたのが、当時まだ23歳だった彼だそうです。
短いセンテンス。
シンプルでわかりやすい表現。
そして、力強く抑揚のある話し方。
新年フェスで印象的なスピーチをされた方も、短く小気味よい話し方でしたね。
話し方はその人の人間性を表すと思います。
だらだら長くしゃべる人は、そういう人間だと思われても仕方ナイ。。。 続きを読む…

最近、彼がやたらガタガタ言うので、商店街にあるお店へ連れていった。
黙々と作業している、いかにも職人という感じの店主。
うーん、腕が鳴るぜぃ。
「タイヤもチューブもかなり劣化しとるね。交換すると4,000円はかかるよ」
これは予想範囲内。
もう何年も乗っているので、至るところがボロボロ。
元々買い換えるつもりで来ているのだ。
そう、ここから私の本領発揮。
「じゃあ買います!お父さん、お勧めのありますー?」
「中古だけど、いいのがあるよ」
お父さんがピッカピカに磨きをかけた、新車同様の彼。
しかも、元は高級なヤツ。
一目見て、これに決めた!
隣にいた奥 続きを読む…

あがり症は治りましたが、緊張はしますね~
もちろん、いい緊張
今日はテレビ・ラジオ前で5時間ドキドキしっぱなし
(牛島さんの爽やかでクレバーな解説が好きなので、テレビを消音にしてラジオを聴くという贅沢な状況。)
スゴイ試合でした。
5時間しゃべりっぱなしのアナウンサーもスゴイ!
実況アナは、前日から水分を控えるそうです。
どうにも我慢できず、実況しながらコップで受けた人もいるとか。。
私も以前イベントやブライダルの司会をしていましたが、6~7時間立ちっぱなしでトイレにも行けないこともザラだったので、水分はほとんど取りませんでした。
今はそれほど過酷ではありませんが、 続きを読む…
今日の記事は、「ごねる男のいなし方」にしようと思ったのですが。
ほとんどの人には無関係なので、せめてココに来てくださる方に関係あるネタを。
よく、「遠いんですが、そちらに通いたいんです!」というメールをいただきます。(ありがたし。。)
うちの生徒さんでも、スピ塾を知るまでは、高い交通費を使って関東や関西に通っていたという方もいます。
話し方の掲示板などでも、「近くに話し方教室がないんです」というコメントを見かけます。
ましてや、あがり克服専門となると、全国的にもあまりないのではないでしょうか。
全国1億人(推定)のアガリストを救う教室が少ないとは、誠に残念な現状です。
続きを読む…
ページ一覧: 123