メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2007/07/10

アキレス腱断裂と沖縄

はい、どうも。インテルプレスの山本です。

最近トンと書かなくなりましたが、本日はなんとなく気が向いたのでとりとめも無く書きます。

ここ最近は、色々なことが起こりまして、あれやこれやとドタバタしておりました。

私、唐突にテニスを始めました。
まあ改めて言うようなものでも無く、まったく腰の入らない卓球をテニスコートでやっているようなものです。
そう、完全に安全で健康な庶民スポーツを満喫しているはずだったのですが、ささやかな事件が起きてしまったのです。

その瞬間は私と巨大体積平野がテニスコートで腰の入らない卓球を行っているときに訪れました。

確かにそのときの私はボールを前後に散らして、巨大体積平野をチョロQのように動かすことに喜びを見出しておりました。巨大体積平野から飛んできたボールを巨大体積平野の手前に打ち返したその瞬間・・・。

テニスコート中に「ボクッ!!!!!」という異音が響き渡ったのです。

そして、足を抱えて巨大な体積無理やり小さくしている平野・・・。

嫌な予感がしました。そうです、アキレス腱が断裂していたのです!

アキレス腱断裂・・・
それは脱臼と共に、居合わせたくないものトップ3に入るであろう周囲に強烈なインパクトを与える傷害です。

巨大体積平野をはじめ、私を含む周囲の仲間は
「靭帯じゃないか?」
「いや、肉離れだろ」と、なんとかアキレス腱から目を逸らそうとしていたのですが、現実は残酷でした。

週末に脊髄麻酔で手術を行い、片足の動かなくなった平野は、今目の前にいます。

さて、巨大体積平野がアキレス腱でウンウン呻いているさなか、私は久方振りの休暇をとり、沖縄に旅立ちました。

沖縄、石垣島、と経由して西表島へと渡る素敵なプランを用意周到に練っていたわけです。
若干梅雨時に重なりますが、怪しい掲示板で石垣島在住の民から「南国の梅雨はスコールのようなもの」と教わり、超前向き思考で旅立ったのです。

沖縄について初日は素敵な快晴でした。
予定では2日目から石垣島を経由して西表島へと渡る予定でした。
しかし、2日目以降は雨に突入し、雨中を空路石垣島へと飛びたったわけです。離陸すれば何とかなるであろうとタカをくくっていたのですが、なんということでしょう!
石垣島上空に積乱雲が発生し私達より前に出発した飛行機が次々にUターンしてくるではないですか。

私達の乗った飛行機も凄まじい揺れです。なにやら強烈な捻りの加わった揺れに今にも吐きそうな状態でおりますと、天井から機長のナイスミドルな音声が響いてきます。

機長
「ただいま、石垣島上空に積乱雲が発生しております。先行致しました、他社の機も順次那覇空港に引き返している状態です。当機は石垣島空港と蜜に連絡を取り合った結果、空港への着陸にトライすることを機長として決断致しました。繰り返します、投機は着陸にトライすることを機長として決断致しました」

~何やら微妙に上から目線な機長の挑戦メッセージを、捻りの加わったムーンサルト級の揺れの中で吐き気と闘いながら「頼むからトライするのだけは止めてくれ」と思ったものです。~

そして飛行機は豪雨の中、着陸を敢行したのですが、またまた天井から機長の微妙に上から目線のナイスミドルな声が響きました。

機長
「機長として着陸のトライに失敗したことをお知らせ致します」

そして、機は沖縄に引き返しました。

結局その後も全日程が完璧に雨でした。しかも私は胃腸風邪をこじらせ、強烈な下痢と吐き気でホテルで呻いている内に、帰国日を向かえたのでした。

またいつか。

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: